肝臓がんを治したい・改善したい人のための情報サイト

肝臓がんで代替医療の効果はある?実際に行なった方の体験談

肝臓がんのステージを生きる » 肝臓がんで代替医療の効果はある?実際に行なった方の体験談

日本のがんの医療現場における補完代替医療の利用実態調査(2005年発表)によると、44.6%のがん患者が、補完代替医療を利用していることが明らかとなっています。

特に、初期段階で気づかないまま進行してしまうケースも多い肝臓がんにおいては、標準治療ができない場合でも取り入れることができますし、抗がん剤治療をサポートしてくれるという面もあります。このカテゴリでは、主な代替医療について、内容や口コミ・評判をまとめました。

健康食品・サプリメント

酵素やアガリクスなどのサプリメントでがんと闘う成分を摂る。

肝臓がん対策に用いられる健康食品・サプリメントについて詳しく見る

免疫治療

本来持っている免疫作用を取り戻し、がん細胞を撃退する。

肝臓がん対策に用いられる免疫治療について詳しく見る

食事療法

がん細胞抑制に役立つ食材を取り、治療の邪魔になる食材を避ける。

肝臓がん対策に用いられる食事療法について詳しく見る

漢方治療

漢方薬の成分を使ってがんの予防や抑制をする。

肝臓がん対策に用いられる漢方治療について詳しく見る

高濃度ビタミンC点滴療法

がん細胞に対するビタミンCの作用を利用した代替療法。

肝臓がん対策に用いられる高濃度ビタミンC点滴療法について詳しく見る

緩和治療

苦しみや苦痛を和らげ、がんと戦う気力や体力を呼び覚ます。

肝臓がん対策に用いられる緩和治療について詳しく見る

その他(マッサージ・鍼灸・メンタルケア・温泉)

マッサージや鍼灸など、補助的なケア。

肝臓がん対策に用いられる温泉入浴などその他の補完代替治療について詳しく見る

補完代替治療の信頼性について

がん患者が利用している補完代替医療の中でも、圧倒的に多いのが「健康食品」の使用であり、実に96%以上を占めています。目的としては「がんの進行抑制」や「治療」と答えた人が多い結果となりました。

しかし、数ある健康食品・サプリメントの中には、信頼できる裏付け(エビデンス・データや、臨床報告など)に乏しいものもあるのが現状です。

このサイトでは、がんに対する免疫向上・調整機能などが、さまざまな試験や報告で裏付けされている日本発の特許成分「米ぬか多糖体」を、注目成分として特集しています。

【米ぬか多糖体とは】

玄米の米ぬかの中に含まれる多糖体。免疫力を高めるNK細胞を活性化させ、がんに負けない体力を養うために役立つ。
またがん患者を対象にした実験の結果、がん細胞の抑制や、再発予防についても、高いエビデンスが導き出されている。

「米ぬか多糖体」の主なエビデンス・データや臨床試験の結果は、以下のページにまとめていますので、参考にしてください。

【注目特集】研究が進む日本発の特許成分
「米ぬか多糖体」のがんに対するエビデンス