肝臓がんを治したい・改善したい人のための情報サイト

高濃度ビタミンC点滴療法の肝臓がんへの効果とは

このページでは、肝臓がんの治療や再発防止が期待される代替医療のひとつ「高濃度ビタミンC点滴療法」について調べた内容をまとめています。

正常細胞には影響を与えず、がん細胞だけにダメージを与えるという高濃度ビタミンC点滴療法。一体どのような仕組みなのか、費用はどれくらい必要なのか、詳しく見ていきましょう。

高濃度ビタミンC点滴療法

ビタミンC(アスコルビン酸)は、抗酸化物質としてさまざまな効果が報告されており、高濃度で用いるとがん患者の延命に繋がると報告されています。がん細胞がアスコルビン酸に弱いという研究データもあります。

糖(グルコース)を多く取り込む性質があるがん細胞は、グルコースと似たビタミンCを取り込む性質があります。細胞に取り込まれたビタミンCは、毒性のある過酸化水素を発生させますが、正常細胞は過酸化水素を中和する「カタラーゼ」などの抗酸化酵素をもっているので影響を受けません。しかし、がん細胞には抗酸化酵素が乏しいので過酸化水素を中和できず、ダメージを受けてしまうという仕組みです。

高濃度ビタミンC点滴療法では、通常の50~100倍ものビタミンCを血管に直接注入します。血中のビタミンC濃度を350mg/dl~400mg/dlまで上げることで、ほとんど副作用なく抗がん剤のような作用をもたらします。さらに、ビタミンCは正常細胞に影響を与えないばかりか、細胞を活性化させる働きがあるとも言われており、他の抗がん治療との併用も可能です。

高濃度ビタミンC点滴療法の注意点

高濃度のビタミンCを処理する酵素である「G6PD酵素」が不足、あるいは欠乏している状態でビタミンC濃度を上げると、赤血球が壊れやすく、重い副作用が出る可能性があります。赤血球が破壊されて肝臓や腎臓の機能低下に繋がるため、事前にこの酵素が十分にあるかどうかを検査しなければなりません。

また、高濃度ビタミンC療法は、週2~3回のペースで受ける必要があります。点滴を打たない日は、4~10g程度のビタミンCを経口摂取することが勧められています。

高濃度ビタミンC点滴療法の費用

高濃度ビタミンC点滴療法は、がんの治療法として未承認であるため、全額を負担する自費診療です。先進医療ではないので、どの医療機関でも全額負担します。

1回の点滴につき2~3万円ほどかかります。月に換算するとおよそ15万円。標準治療や先進医療では数百万円以上の治療費がかかることを考えると安価な治療法です。他の民間療法や代替医療と比べても、安く抑えられる治療法といえます。

高濃度ビタミンC点滴療法の有効症例

実際に高濃度ビタミンC点滴療法を受けながら治療を続けた方の体験談を見てみましょう。

症例1:抗がん剤治療と併用している男性

抗がん剤治療と併用してビタミンC点滴療法をうけています。
ビタミンC点滴をするようになってから、副作用が減った気がします。

症例2:再発予防のためにうけています。

手術後の再発予防のために、ビタミンC点滴をしています。
1年以上続けていますが、再発はありません。

高濃度ビタミンC点滴療法をサポートする健康食品にも注目

がん細胞に対するビタミンCの作用を利用した「高濃度ビタミンC点滴療法」は、代替療法として、なお研究が進められています。一方、がん患者が利用している補完代替医療の中でも、圧倒的に多いのが「健康食品」の使用で、実に96%以上を占めています(2005年発表 がんの医療現場における補完代替医療の利用実態調査)。しかし、数ある健康食品・サプリメントの中には、信頼できる裏付け(エビデンス・データや、臨床報告など)に乏しいものもあるのが現状です。

このサイトでは、がんに対する免疫向上・調整機能などが、さまざまな試験や報告で裏付けされている日本発の特許成分「米ぬか多糖体」を、注目成分として特集しています。

【米ぬか多糖体とは】

玄米の米ぬかの中に含まれる多糖体。免疫力を高めるNK細胞を活性化させ、がんに負けない体力を養うために役立つ。
またがん患者を対象にした実験の結果、がん細胞の抑制や、再発予防についても、高いエビデンスが導き出されている。

「米ぬか多糖体」の主なエビデンス・データや臨床試験の結果は、以下のページにまとめていますので、参考にしてください。

【注目特集】研究が進む日本発の特許成分
「米ぬか多糖体」のがんに対するエビデンス