肝臓がんをあきらめない

肝臓がんをあきらめない

肝臓がんを治したい・改善したい人のための情報サイト

肝臓がんをあきらめない肝臓がんで代替医療の効果はある?実際に行なった方の体験談健康食品・サプリメントの肝臓がんへの効果とは

健康食品・サプリメントの肝臓がんへの効果とは

肝臓がん治療法として、健康食品やサプリメント成分による代替治療を紹介しています。

健康食品・サプリメント成分の肝臓がんへの効果

食事の内容によって栄養を摂り、肝臓がんと闘っていくのが食事療法。そうではなく、食事では摂りきれない成分を健康食品やサプリメントで補うことで肝臓がんの改善を目指す方法もあります。

ここでは、肝臓がんの代替治療である、健康食品やサプリメント成分について紹介していきます。

抗がん効果が期待できるサプリメント成分とは?

抗がん作用があるサプリメントは数多く見つけられており、市販されている商品も非常に多いです。ここでは、その代表的なものをご紹介しましょう。

免疫力を高めてがん細胞に対抗

アガリクス、メシマコブ、キチン・キトサン、霊芝、冬虫夏草、亜鉛など

活性酸素の除去をサポート

カルテノイド、ビタミンC・E、コエンザイムQ10、カテキン、フラボノイド、セレン(セレニウム)など

新生血管阻害作用(がんが栄養を得るための血管づくりを抑制する)

サメ軟骨・肝油、スクアラミン、ウコン、大豆イソフラボン

がん細胞の自死(アポトーシス)を誘導する

フコイダン、紅豆杉、タヒボ、プロポリス、オメガ3不飽和脂肪酸

栄養補充・体調改善

マルチビタミン、ミネラル、高麗人参、田七人参、ロイヤルゼリー、クマザサエキスなど

健康食品・サプリメントによる肝臓がん・肝炎治療体験談

サプリメントや健康食品をがん治療に取り入れた方の体験談をご紹介します。

体験談1:酵素によって肝炎の治療を行なった55歳女性

おばあさんの画像

50歳を過ぎて、疲れやすくなったり肩こりや偏頭痛が気になるようになりました。加齢のせいかと思っていましたが、とりあえず受けてみたC型肝炎検査の結果が陽性。HCV・RNA抗体の数値は88.9S/COと高く、放っておけば肝臓がんになると言われました。

たまたま血液検査を受けた時に見た自分の血液はドロドロ。ところが、知人に教えてもらった毒出し酵素を飲んだ30分後に再検査をすると、きれいな丸い形の赤血球が動いていました。これはC型肝炎を改善してくれるのではないかと思い、毎日酵素サプリメントを飲むようになりました。

それからは疲れがたまらなくなり、テキパキと家事ができるようになりました。飲み始めておよそ3ヶ月、体調のよさに自信が出てきたので、再び肝炎の検査を受けると、数値は10.4S/COと以前の1/8まで下がり、1年半後にはHCV・RNAは0.5となり正常値になりました。

これによって肝臓を保護する薬は必要なくなりました。肝炎が治ったわけではありませんが、まだまだ数値が下がるのではないかと期待しています。

酵素がもつがん抑制効果・体験談についてはこちら>>

体験談2:3つの肝臓がんがアガリクスで治り始めた70代男性

70代男性の画像

背中の痛みがひどく、レントゲン検査を受けたところ、肝臓に3つのガンが見つかりました。長年アルコールを浴びるように飲んでいたのがわるかったのかもしれません。

抗がん剤治療を受けるようになり、副作用でからだの毛がすっかり抜け落ちてしまいました。しかし、からだのだるさもないし、食欲も旺盛でした。これは入院生活が始まったころからアガリクスを摂っていたためだと確認しています。同じような症状の人たちはいつも体がだるそうでした。

しかも、3か月に一度のCT検査では、がんがひとつ小さくなっていました。医師にも理由がわからないようですが、がん患者だと自分では思えないくらい元気です。

アガリクスのがんに対する効果・体験談についてはこちら>>

体験談3:フコイダンでのがん治療している70代男性

70代男性の画像

末期がんと診断され、もう治療は不可能だと言いきられてしまいました。しかし、まだあきらめるのは早いと強く願っていた私は、がん細胞抑制を期待できる成分・フコイダンのサプリメントを取り寄せて飲み始めました。

1日9粒ずつ飲んでいるうちに、1年後にはガンが小さくなったようでした。病院での治療も抗がん剤もやめたのに、今では体調が戻り、顔色も良くなったと言われます。

フコイダンのがんに対する効果・体験談についてはこちら>>

    その他の代替医療を行なった方の体験談  

 

このページの上部へ ▲
肝臓がんをあきらめない