肝臓がんをあきらめない

肝臓がんをあきらめない

肝臓がんを治したい・改善したい人のための情報サイト

肝臓がんをあきらめない肝臓がんで代替医療の効果はある?実際に行なった方の体験談免疫治療の肝臓がんへの効果とは

免疫治療の肝臓がんへの効果とは

肝臓がんの治療に有効とされる、免疫治療を行った方の体験談をご紹介しています。

がん細胞と闘う、免疫治療とは

免疫療法とは、人間が本来持っている、免疫力や自己治癒能力を高めることでがん細胞を壊死させる治療法です。患者自身の血液を採取し、がん細胞に対する免疫を担う細胞を人工的に増殖させて体内に戻すことで、がん細胞と戦う力を取り戻します。

人間にはがん細胞と闘う力が備わっている!

人間には、もともとがん細胞を死滅させる免疫力があります。健康な人でも、毎日5,000~6,000個のがん細胞が発生していると言われています。しかし、もともと持っている免疫力によってがん細胞を撃退しているので、がんにはならないのです。

つまり、がんを患うのはこの免疫力が落ちてしまったため。であれば、免疫力を取り戻すことで、がんと闘うことができるのではないか。これが免疫治療の根本的な考え方です。

がんワクチン

がんを撃退する力があるものには、ナチュラルキラー細胞T-LAK樹状細胞などが挙げられます。

たとえば樹状細胞。これは、「がん抗原」と呼ばれるがん細胞特有の印を目標に、攻撃を加える作用があります。患者の血液から取り出した樹状細胞を大量に増やし、抗原を与えて体内に戻せば、がんと闘う力を得ることができます。

このようにして、がん細胞と闘う力をつける、がんワクチンによる治療が可能です。ただし、免疫力が強化されるには時間がかかるので、標準治療と組み合わせる必要があります。

免疫治療の有効症例

それでは治療を受けた方の症例を見てみましょう。

症例1:肝臓がんが再発した70代男性

70代男性の画像

C型肝炎を患って20年経った5年前に、肝臓がんが発覚しました。ラジオ波治療で通院を繰り返したのですが、再発により悪化してしまいました。検査で予後不良の可能性もあり、早急な対策が必要でした。

【治療内容】

CS-82MDによる基礎免疫治療を行い、アポトーゼMT300によってミトコンドリアにはたらきかけ、がん細胞のアポトーシス(自己死)を引き出す。最終的にIC-Complex+AGHの点滴を行い、8か月でがん腫瘍はほぼ消失。

症例2:切除手術ができないと診断された50代男性

50代男性の画像

突然吐血して病院に運ばれました。そして肝臓がんが発覚。その時点で悪化した肝硬変も見つかったので、切除手術もまったく不可能と診断されました。

肝臓の機能が低下していると言われ、一般的な抗がん治療もできませんでした。せいぜいインターフェロン治療での延命が限度と診断されました。ただし、キノコ系サプリメントとD-12成分によって、ある程度の治療が進んでいたので、がんの状態はある程度良好なようです。

【治療内容】

まずは、がんの進行による予後不良を回避し、がんとの共存状態を作る。これによってがん治療を行う時間的余裕を用意することができ、基礎免疫治療を継続する状態まで回復することができた。

この先は、免疫の強化によってがん細胞の排除を目指す。

    その他の代替医療を行なった方の体験談  
このページの上部へ ▲
肝臓がんをあきらめない