肝臓がんをあきらめない

肝臓がんをあきらめない

肝臓がんを治したい・改善したい人のための情報サイト

肝臓がんをあきらめない肝臓がんで代替医療の効果はある?実際に行なった方の体験談漢方治療の肝臓がんへの効果とは

漢方治療の肝臓がんへの効果とは

漢方による肝臓がんの代替医療をご紹介。実際に漢方でがんを治した方の闘病記も掲載しています。

漢方で改善を目指す肝臓がんの代替医療

がんを切除したり攻撃したりする西洋医療を補完する役目を期待されるのが、漢方薬による代替医療です。

すでに発生してしまったがんを攻撃するのは、西洋医療が得意とするところ。その後のがん再発を予防したり、末期と診断されたがんと上手につきあったり、抗がん剤の副作用を防ぐのが漢方薬の作用です。

がんに効く漢方薬とは

慢性肝炎に対して使われる、小柴胡湯という漢方薬があります。これは抗炎症作用や肝線維化抑制作用、肝再生促進作用、免疫調節作用、発がん抑制作用、がん細胞の増殖抑制作用などがあるとされています。

肝炎によって死滅と細胞を繰り返す肝細胞が線維化するのを防ぎ、がん細胞化するのを予防します。しかもがん細胞の自死(アポトーシス)を誘導する効果もあるため、がんの抑制作用があります。

これはあくまで漢方薬の一例。がんの段階によっては、別の漢方薬が有効な場合もあります。それぞれの症状に合わせてきめ細かく対応できるのも漢方薬の優れたところ。複数の天然薬を組み合わせて、効果の高いものを処方することができます。

そのほかにも、抗がん作用のある生薬には以下のようなものがあります。

  • 半枝蓮
  • 白花蛇舌草
  • 竜葵
  • 山豆根
  • 霊芝

これらの成分だけでなく、免疫力を高めるものや、血液の循環を良くするもの、生命力を高めるものなどを組み合わせることで、治療中の体調を整えながらがんと付き合っていくことができます。

漢方薬による肝臓がんの代替医療の症例

最後に、漢方薬を使って肝臓がんを改善させた方の症例をご紹介します。

症例1:手術が不可能と診断された70代男性

70代男性の画像

低血糖と意識障害により病院に運ばれてしまいました。肝臓左葉に10cmぐらいの腫瘤ができていたのです。病理検査によって肝臓がんであることがわかったものの、手術は不可能と診断されました。

肝動脈塞栓治療というのを提案されましたが、拒否して漢方薬のみによる治療を選びました。9種類の生薬を煮詰めたものを1日3回服用してみたところ、6ヶ月で腫瘍が4cmに、その3か月後にはがんはほとんど見られなくなりました。その後も再発は見られません。

症例2:余命1ヶ月から復調しはじめた50代女性

50代女性の画像

余命1ヶ月を宣告されました。とても痛みが辛くて、家からも出ずに過ごしてました。

腫瘍マーカーの数値は4ケタになっていましたので、末期がんの漢方薬を処方してもらいました。すると1か月後、数値がよくなりました。それに外出して歩けるようになりました。漢方薬を飲んでいるうちに、体が温かくなって、むくみもとれて、顔色がよくなりました。今も漢方薬を飲み続けています。

    その他の代替医療を行なった方の体験談  
このページの上部へ ▲
肝臓がんをあきらめない