肝臓がんを治したい・改善したい人のための情報サイト

その他(マッサージ・鍼灸・メンタルケア・温泉)の肝臓がんへの効果とは

肝臓がんのステージを生きる » 肝臓がんで代替医療の効果はある?実際に行なった方の体験談 » その他(マッサージ・鍼灸・メンタルケア・温泉)の肝臓がんへの効果とは

マッサージや温泉、鍼灸などの代替医療の、肝臓がんに対する効果を調べています。

代替医療~マッサージや温泉は肝臓がんに効く?~

代替医療の代表例ではないものの、マッサージや鍼灸、温泉などといった方法も検討に値します。
これらが直接肝臓がんに作用するわけではありませんが、がん進行の阻害や、痛みの緩和に役立つことはがあります。

マッサージ

手軽にできるのがマッサージ。オイルマッサージはその代表例です。
マッサージがもたらすリラックス効果で、患者の痛みや抑うつを軽減させることができるでしょう。

なお一部に「マッサージすることでがんの転移が起きやすくなる」という意見があるそうです。
手技により改善された血流が、がん細胞の転移を促進させるというのです。

しかし、マッサージ程度で転移が起こるとすれば、日常動作だけで全身に転移が起きてしまうことになります。
根も葉もない流言は気にせず、患者にリラクゼーションを提供してあげてください。

メンタルケア効果

がん患者には一定の割合で抑うつ状態になることが知られており、精神状態のケアはとても大切です。

専門カウンセラーに依頼する、同じ境遇の患者と語り合う機会を設けるなど、効果的な方法を検討し、提供してあげましょう。

鍼灸

鍼灸にもマッサージに近い効果があります。
痛みや息切れだけでなく、吐き気などを軽減させという報告もあるほどで、
がん患者が日常的に遭遇している苦痛を、和らげることができそうです。

科学的な根拠はありませんが、鍼灸を標準治療と併用することで、免疫機能の強化が高まるという意見もあるそうですよ。

★鍼灸でがんを治療した体験談

肝臓に3つのがんがあり、乳腺や咽頭にもがんが転移して、抗がん剤治療をはじめました。
ところがすぐに副作用が現れ、手が動かなくなり、治療を中止せざるを得ませんでした。

友人の紹介で出会った鍼灸師の先生に、肝臓がんのツボへ鍼を打っていただきました。
また高ミネラル水を毎日1.5リットル、メシマコブも毎日飲み続けていたところ、肝臓の3つのがんが消えていきました。

検査の数値もまったく正常なものになり、医師たちも不思議そうにしていました。

温泉

日本ならではのがん治療法が、温泉による湯治です。

例えば、秋田県の玉川温泉。強い酸性の湯に入ることで肌が炎症を起こし、それによって白血球が増え、
がんと闘う免疫細胞が増えると言われています。
しかも自然放射線ラドンが出ており、これががん細胞を殺すとも言われています。

ほかにも、ラドン含有量世界一と言われる増富温泉や、
付近住民のがん死亡率が全国平均の半分という三朝温泉なども、がん湯治に人気があります。
患者に体力があるようなら、ぜひ湯治を検討してあげましょう。

肝臓がん対策で用いられる主な代替医療とは

本のがんの医療現場における補完代替医療の利用実態調査(2005年発表)によると、がん患者が利用している補完代替医療の中でも、圧倒的に多いのが「健康食品」の使用であり、実に96%以上を占めています。 期待される効果としては、免疫力を向上・調整して、免疫システムをサポートすることや、抗がん剤治療などの化学療法や、放射線治療における副作用を軽減すること、治療中・予後の生活の質(QOL、クオリティ・オブ・ライフ)を高めることなどが挙げられます。

一方で、数ある健康食品・サプリメントの中には、信頼できる裏付け(エビデンス・データや、臨床報告など)に乏しいものもあるのが現状。このサイトでは、がんに対する免疫向上・調整機能などが、さまざまな試験や報告で裏付けされている日本発の特許成分「米ぬか多糖体」を、注目成分として特集しています。

【米ぬか多糖体とは】

玄米の米ぬかの中に含まれる多糖体。免疫力を高めるNK細胞を活性化させ、がんに負けない体力を養うために役立つ。
またがん患者を対象にした実験の結果、がん細胞の抑制や、再発予防についても、高いエビデンスが導き出されている。

「米ぬか多糖体」の主なエビデンス・データや臨床試験の結果は、以下のページにまとめていますので、参考にしてください。

【注目特集】研究が進む日本発の特許成分
「米ぬか多糖体」のがんに対するエビデンス