肝臓がんを治したい・改善したい人のための情報サイト

肝臓がんの原因

肝臓がんのステージを生きる » 肝臓がんの原因

国内の患者数が多く、がん全体の中でもベスト5に入るという、肝臓がん。再発率80%という、怖い病気です。
その主な原因として考えられるのは、どのようなものなのでしょうか?それぞれ症状や対処法などを詳しく解説しています。

慢性肝炎

日本国内で肝炎ウイルスに感染している人は多く、その数は「40人にひとり」と言われています。
ウイルスは増殖せず、排除されてしまうケースもあるのですが、慢性化すると大病を引き起こす直接的な原因になります。

肝臓がんの原因・慢性肝炎について詳しく見る

肝硬変

肝炎に感染していることに気付かず、肝細胞が破壊と再生を長期間に渡って繰り返すのを放置してしまうと、次第に肝細胞が線維化し、肝臓自体が小さく硬くなってしまいます。
これが、肝硬変。肝臓がんへ移行するリスクを孕んでいます。

肝臓がんの原因・肝硬変について詳しく見る

B型肝炎

HBVウイルス」の感染によって発生する肝炎です。
自覚症状はほとんどなく、また症状がほとんど出ない「無症候性キャリア」の人も、数多くいるのが特徴。
とは言え、慢性化すると肝臓がんの原因ともなりかねません。

肝臓がんの原因・B型肝炎について詳しく見る

C型肝炎

HCVウイルス」の感染によって発生する肝炎です。
ウイルス自体の発見から30年程度しか経過しておらず、注射などの病院治療から感染した人の数も、多くなっています。
慢性化すると肝硬変や肝臓がんへと進行する可能性が、高まります。

肝臓がんの原因・C型肝炎について詳しく見る

アルコール性肝炎

過度の飲酒が肝臓にダメージを与えることは、広く知られています。その代表的な症状が、アルコール性の肝炎です。
この病気と肝臓がんには、どのような関係があるのでしょうか?調査していますので、ご一読ください。

肝臓がんの原因・アルコール性肝炎について詳しく見る

その他の病気

上記以外にも、肝臓がんの原因はあります。肝臓以外の場所で発生した病気やその治療が、肝臓に悪影響を与えることがあるのです。
やがて肝臓がんに発展する危険もあるので、注意が必要です。

バセドウ病など肝臓がんの原因となるさまざまな症状について詳しく見る