肝臓がんを治したい・改善したい人のための情報サイト

慢性肝炎

肝臓がんの主な原因のひとつとして挙げられる慢性肝炎とは、どのような病気なのでしょうか。

肝臓がんの原因として、筆頭に挙げられるのが慢性肝炎。進行していくことによって、肝臓がんを引き起こすとされています。
肝臓がんへのステップは、慢性肝炎→肝硬変→肝臓がんと進んでいきます。

肝炎は、主に肝炎ウイルスが原因となって引き起こされます。
よく「肝臓を悪くするのはお酒だ」と言われますが、アルコールが原因となることは少ないようです。

肝炎にはいくつかの型がありますが、代表的なものはB型肝炎、そしてC型肝炎です。
また6ヶ月以上肝細胞が破壊されているものが慢性肝炎とされます。

一方、A型肝炎は急性肝炎に分類され、慢性化はしにくいと言われています。

感染ルートは?

C型肝炎の感染ルートですが、以前は注射針の使い回しや、輸血による感染が主でした。
現在では肝炎ウイルス含む血液は厳重にチェックされていますので、輸血に回されることはありません。
通常の生活をしている限りはC型肝炎の感染の可能性は低いと言えます。

一方、B型肝炎は母子感染の割合が非常に多いようです。
大人になってから症状が出るので、以前は発症まで感染がわかりませんでした。
しかし、現在は産婦人科で母親の検査をするので、母子感染の心配はほぼありません。

ただし、免疫力が低下している場合、成人でも肝炎ウイルスに感染する可能性はあります。
また近年は、性交渉からウイルス感染するケースが増えています。

症状

慢性肝炎の自覚症状は、基本的にはないと言えます。
何かしらの症状が出ているとすれば、慢性肝炎としては急性憎悪期と言えるほどの進行があった場合のみです。

従って、血液検査などをしない限り慢性肝炎は発見できないということになります。
感染に気づかずそのまま肝硬変を引き起こす可能性もあります。
肝臓の検査は、必ず定期的に受けるようにしましょう。

慢性炎症の抑制によるがん予防の可能性

がんと慢性炎症との間には、疫学的な関連性が知られてきました。肝臓がんの場合、C型肝炎ウイルス感染による慢性炎症の関与が知られます。そこで注目されているのが、免疫調整機能を持つ日本発の特許成分「米ぬか多糖体」の抗炎症作用です。

このサイトでは、がんに対する免疫向上・調整機能などが、さまざまな試験や報告で裏付けされている日本発の特許成分「米ぬか多糖体」を、注目成分として特集しています。

【注目特集】研究が進む日本発の特許成分
「米ぬか多糖体」のがんに対するエビデンス