肝臓がんをあきらめない

肝臓がんをあきらめない

肝臓がんを治したい・改善したい人のための情報サイト

肝臓がんをあきらめない肝臓がんの原因肝硬変

肝硬変

肝臓がんへの進行の可能性がある、肝硬変の原因や症状についてまとめています。

肝臓がんの原因2:肝硬変

肝臓がんの前段階とされる病気が、肝硬変です。肝硬変を放置することは、そのまま肝臓がんを引き起こす原因となります。

肝硬変とは

肝硬変とは、肝炎などが原因で肝細胞が破壊と再生を長期間に繰り返すことで、肝細胞が線維化し、肝臓が小さく硬くなる疾患です。C型慢性肝炎が発症した場合、その7割は病気が進行し、その3~4割は10~30年の間に肝硬変へと進行すると言われています。

肝硬変の恐ろしさ

肝硬変は、肝臓がんへと移行しやすいという重大なリスクがあります。それだけでなく、重大な合併症のリスクもあります。

肝硬変になると、肝臓へ血液を運ぶ門脈の流れが悪くなります。うまく通ることができない血液は食道の静脈へと迂回するのですが、この症状が進むと食道静脈瘤を引き起こし、下血吐血を起こします。

また、肝臓の機能が低下すると肝臓で処理しきれなかったアンモニアが脳に溜まり、異常な行動や昏睡と言った症状のある肝性脳症を引き起こすこともあります。

原因

ほどんどの場合は肝炎ウイルスによる慢性肝炎が原因となっています。肝硬変の症例中、60.6%がC型肝炎、9.5%がB型肝炎を原因としています(1994年日本大学調べ)。

よく言われるアルコール性の肝硬変は16.7%。アルコール性の肝硬変は肝臓がんへの進行リスクはそれほど大きくないのですが、日常的に飲酒量の多い人がウイルス性肝炎にかかった場合は、肝臓がんへの移行の可能性が大きくなるようです。

症状

初期段階では肝臓の機能が保たれているため、自覚症状がありません。肝機能に余裕がなくなる非代償性肝硬変へと移行すると、倦怠感脱力感疲労感腹部膨満感吐き気尿の色が濃くなるといった症状が現れます。

さらに進行すると、黄疸や腹水、吐血、肝性昏睡など、合併症からの症状も表れるようになります。この段階になると、生命に関わる重大な症状が現れます。肝炎、肝硬変の初期段階で、進行を少しでも食い止めるよう努力が必要です。

このページの上部へ ▲
肝臓がんをあきらめない