肝臓がんをあきらめない

肝臓がんをあきらめない

肝臓がんを治したい・改善したい人のための情報サイト

肝臓がんをあきらめない肝臓がんが併発する合併症腹水、胸水

腹水、胸水

肝臓がんの合併症である、腹水や胸水と呼ばれるものがありますので、ご紹介いたします。

【肝臓がんの合併症】腹水・胸水

肝臓がんや肝硬変に伴って現れる合併症のひとつに、腹水や胸水があります。これらはなぜ肝臓の症状にともなって起こるのでしょうか。原因と治療法について解説いたします。

腹水

腹水は、腹部の臓器と臓器の間にあたる、腹腔と呼ばれる部分に水がたまってしまう症状です。ここに水がたまることで、カエルのようなお腹になるのが特徴です。もっとも、腹腔には通常から水がたまっており、数十ミリリットルは入っているようです。これが腸が動く際の潤滑油になります。

通常、たまった水は再び吸収されるので、増えすぎることはありません。しかし肝臓の機能が低下すると、たまる量が多くなり、お腹を圧迫するようになります。水といってもただの水ではなく、体内のリンパや血管から出てきた、たんぱく質や電解質などの栄養分が含まれた水です。

腹水の原因

肝機能の低下にともない、血液中のアルブミンという成分が少なくなります。これは血液中の水分を調節する作用があるのですが、アルブミンの低下によって腹水が吸収できなくなり、腹水が多くなります。また、肝臓がんが門脈という血管を圧迫し、血流を妨げることも腹水の原因となります。

腹水の治療法

腹水には栄養分が含まれているため、少しずつ抜いていく工夫が必要です。利尿剤などを使って、様子を見ながら抜いていきます。肝機能が低下している以上、腹水はたまっていく一方。水を抜いてもまたもとに戻ってしまうので、根本的な治療にはなりません。

胸水

胸水は、肝臓がんの切除のあとに肺の周辺に水がたまる症状です。

腹水と同様に、アルブミンの不足が原因で、水がたまりやすくなります。これは肺を圧迫するため、徐々に息苦しさが増してきます。量が多く、水を抜く必要がある場合は、胸に細い管を刺して排出します。

胸水、腹水とも肝臓がんの末期症状であり、がんがかなり進行していることを示します。

    肝臓がんが併発する合併症  
このページの上部へ ▲
肝臓がんをあきらめない