肝臓がんをあきらめない

肝臓がんをあきらめない

肝臓がんを治したい・改善したい人のための情報サイト

肝臓がんをあきらめない肝臓がんが併発する合併症肝性脳症

肝性脳症

肝臓がんの合併症である、肝性脳症の症状や原因、治療法などを解説しています。

【肝臓がんの合併症】肝性脳症の症状や原因とは?

肝性脳症は、肝臓の機能低下によって起こる合併症です。その名の通り、脳への障害による、意識障害などの症状が現れます。

肝性脳症の症状とは

肝性脳症の症状は、I~Vの5つの段階に分けられています。

  • I:周囲に対する無関心や、生活リズムの逆転
  • II:計算や字を書くことへの障害。時間や場所の認識障害や、腕を伸ばした時の震えなど。
  • III:ほとんど眠った状態。譫妄状態や、癇癪、暴れだすことなど。
  • IV:意識は完全にないが、痛みには反応する。
  • V:すべての刺激に対する反応がなくなる。

これらの症状でも診断は可能ですが、初期段階においても脳波検査で診断は可能です。血液検査ではアンモニアの異常に高い数字があらわれ、脳波検査では異常に遅い脳波が現れます。

肝性脳症の症状として分かりやすいのが、上記の段階「II」にある、腕を伸ばした時の震えです。これは「羽ばたき振戦」と呼ばれるもので、腕を前に水平に伸ばした状態で、腕をキープすることができず、バタバタと動いてしまう症状です。

また、高齢者の場合は認知症と誤って診断されてしまうことがあり、肝性脳症の早期発見を難しくすることがあります。

肝性脳症の原因

肝性脳症が起こるのは、肝機能の低下によって毒物の除去が進まないことによります。

肝臓で血液中の毒物を除去しきれないので、毒物が体中をめぐり、脳にまで毒物がまわってしまい、脳の機能を低下させます。どの物質が影響するのかは明らかになっていませんが、アンモニアなどが原因と目されています。

慢性肝炎など、長期に渡って肝臓にダメージが蓄積している状態で、過度の飲酒など肝臓に負担をかけると、そのことで肝性脳症が発症することもあります。

肝性脳症の治療法

肝臓の治療に加えて、食事制限などで毒物の摂取を制限することが行われます。特に植物性のタンパク質を摂ることで、アンモニアの吸収量を減らしていきます。

肝性脳症自体は治療が可能です。ただし肝臓がん患者の場合は肝性脳症が発症しやすく、リスクは常に認識しておく必要があります。

    肝臓がんが併発する合併症  
このページの上部へ ▲
肝臓がんをあきらめない