肝臓がんを治したい・改善したい人のための情報サイト

肝臓がんの合併症【肝性脳症】

肝臓がんのステージを生きる » 肝臓がんが併発する合併症 » 肝臓がんの合併症【肝性脳症】

肝臓がんの合併症である、肝性脳症について調べているページです。

肝性脳症は、肝臓の機能低下によって起こる合併症です。その名の通り、脳に悪影響が現れており、意識障害などをもたらします。

肝性脳症の症状

肝性脳症の症状は、5つの段階に分けられています。

  1. 周囲に対する無関心や、生活リズムの逆転
  2. 計算や字を書くことへの障害。時間や場所の認識障害や、腕を伸ばした時の震えなど。
  3. ほとんど眠った状態。譫妄状態や、癇癪、暴れだすことなど。
  4. 意識は完全にないが、痛みには反応する。
  5. すべての刺激に対する反応がなくなる。

特に分かりやすいのが、2段階目にある「腕を伸ばした時の震え」です。
腕を水平に伸ばした状態でキープすることができず、バタバタと動かしてしまうのです。

このように、肝炎脳症は症状からの診断が可能です。
また一見気づきにくい初期段階においても、脳波検査で進行を測ることはできます。
異常に遅い脳波が検測されたら、注意信号なのだそうです。

また高齢の肝臓がん患者に肝炎脳症が現れると、誤って「認知症」と診断されてしまうことがあるので、やはり注意が必要です。

肝性脳症の原因

肝性脳症が起こるのは、肝機能の低下によって毒物の除去が進まないことによります。

肝臓で血液中の毒物を除去しきれないので、毒物が体中をめぐり、脳にまで毒物が回って、脳の機能を低下させてしまうのです。
どの物質が影響するのかは明らかになっていませんが、アンモニアなどが原因と目されています。

慢性肝炎など、長期に渡るダメージが蓄積している肝臓に、過度の飲酒などで負担をかけると、
肝性脳症が発症することがあるというのだから、怖いですね。

肝性脳症の治療法

肝臓の治療に加え、食事制限などで毒物の摂取を制限することが行われます。特に植物性のタンパク質を摂ることで、
アンモニアの吸収量を減らしていきます。

肝臓がん患者の場合は、脳症が発症しやすいので、周囲は常にリスクを認識しておく必要がありそうです。

合併症があらわれた場合の治療について

肝性脳症のような合併症があらわれるケースは、すでに肝臓の状態が悪く、がんが進行している状況であると考えられます。しかし、標準治療をはじめ、それを補完する代替療法の研究も進んでおり、治療の望みは以前より大きいと言えるでしょう。このサイトでは、肝臓がんに対するさまざまな各種標準治療のほか、標準治療を補完し、治療中や予後における生活の質(QOL)を高める効果が期待される代替医療について、詳しく解説しています。

代表的な標準治療

本サイトで紹介している主な標準治療は、以下の通りです。

  • 肝動脈塞栓療法
  • 抗がん剤治療
  • 放射線治療 など

標準治療について、詳しい内容を知りたい方は以下を確認してください。

肝臓がんの標準治療について詳しく見る

代表的な補完代替医療

本サイトで紹介している主な代替医療は、以下の通りです。

  • 健康食品・サプリメント
  • 食事療法
  • 漢方
  • 免疫治療 など

代替医療について、効果や口コミ・評価を知りたい人は、以下を確認してください。

代替医療の体験談を詳しく見る

肝臓がんと肝性脳症に関する体験談

頑張って生きています

manajiijiさん

平成2年にC型肝炎(当時は非A非B型肝炎)と診断され

平成7年にインターフェロン治療。

一旦ウイルスは消えたが

すぐにウイルスが増えていった。

平成10年に肝硬変と診断される。

平成14年食道静脈瘤が破裂し入院。

その直後に肝癌が見つかりアンギオ治療。

一旦退院するが再度食道静脈瘤破裂。

入院。

退院。

この年3回目の食道静脈瘤破裂。

入院。

結局この平成14年は合計8か月の入院。

平成19年肝癌発見。

アンギオ治療。

平成21年肝癌再発。

アンギオ治療。

平成22年肝癌再発。

初めてラジオ波での治療。

平成23年肝癌再発。

5cmになってたのでアンギオ治療。

平成24年肝不全、肝性脳症入院。

現在退院。

自宅で療養中。

こんな男ですが頑張って生きています。

引用元:C型肝炎と肝癌。 | manajiiji のブログ

あと1~2週間はいいだろう

きみさん(女性)

主治医の話では今のところ意識の状態は良く、

あと1~2週間はいいだろう、

但し肝性脳症も出ているので、この先は緩やかにだけど

確実に意識の状態は悪くなっていき、

何かイベントがあれば急激に悪くなり、

それきりになるから、知らせるべき人には知らせて、

会ってもらったほうがいいとのこと。

先週家へ会いにきてくれた叔父にメールすることにした。

昼食は「食べてみる」というので、

電動ベッドをおこして、それぞれのお皿から2、3口ぐらい。

夕食もベッドに寄りかかったままで、半分弱くらい。

その後に大きな方をするために車椅子で部屋のトイレへ。

誰も浣腸するなんて言ってないのに、

ベッドの上で四つん這いになって

「このまま浣腸を待ってればいいのか」とか、

ちょっとおかしなことは言うけど、ずいぶん会話が出来るようになり

私は家に帰ることに。

20時半。

病室を出る時に

「気をつけて」と言ってくれた。

引用元:静かにしていたい | 父ひとり、娘ひとり~肝臓がんの父と辿る癒しの道のり

肝性脳症と、内臓あれてる

わかさん(女性)

Tおじと母、私まさとで内科の先生の説明を聞いた。

肝性脳症と、内臓あれてる。

特に胃が真っ黒。

⇦これって何?何で?胃がん?

だったら言われるよね。

肝臓の検査は、今はまたできず落ち着いてから。

と。

でも血の値をみるとかなり肝臓わるい。

血小板は、低いながらもまだよいと。

一日たっても脳症治らず心配。

引用元:HCU2日目 | ぐるぐる中

肝臓の手術後に認知症のような症状が出たら

山中山さん(男性)

父親はベッドに寝かされ、しばらく放置された。

日曜日だから人手が足りないのか、仕方が無い。

しかし、僕は気が気でない。

父親は、すぐ起き上がり、ベッドの上に立つ。

そしてイライラした様子になり、地団駄を踏む。

危ないから座ってと促すが、頭を搔き毟り、落ち着きがなくなる。

そうすると、看護師さんが来てくれて、父親を寝かした。

そして、点滴を父親の腕に刺す。

看護師さんに聞いた。

これは肝性脳症という肝臓の疾患がある場合にでる症状らしい。

簡単に説明すると、肝臓の機能が弱り、アンモニアのような毒素を解毒できないことにより、起こるらしい。

父親の場合は、門脈のカーブした部分に血栓ができて、流れが悪くなり、肝臓までしっかり流れず、アンモニアの血中濃度が上がって、おかしくなったとのこと。

アンモニアの濃度を薄めれば、またいつものように戻るらしい。

戻すためにアミノレバンという点滴を打つ。

その日に戻ったわけではないが、次の日に見舞いに行ったら、ほぼ元に戻っていた。

日曜日で専門外の医者だったのかもしれないが、市立病院の医者にはガッカリした。

肝臓の手術後に、認知症のような症状が出たら、まず肝性脳症を疑うのが、当たり前らしい。

市立病院から出して、本当に良かったと、しみじみ思った。

引用元:肝性脳症 | 俺と親父と肝臓ガン

60日前後も病院にいた

山中山さん(男性)

昨日の病院から家までの帰宅で、父親はぐーたら過ごした。

肝臓がん除去手術からすぐに、肝性脳症での入院と、60日前後も病院にいた。

その間、体力、筋力共に落ちていた。

足もほっそりして、すね毛がなければ、小奇麗なおばさんの美脚のようだ。

ぐーたらしている父親に

「おとうさん、痩せたね。

あんたこのまま寝たきりになるんじゃない?」

冗談なのか本気なのかよくわからない感じで、母親はのたまう。

父親は意地になったのか、

「ほっ!」

と言って体を起こして、座位の体制になる。

思ったより素早い動きだ。

「まだ大丈夫。」

と気丈に振舞うが、やはり本調子ではないのはわかる。

そこで僕は父親に提案する。

「ウォーキングでもやる?」

「ウォー・・キン…?」

僕の発音がネイティブ過ぎたのか良くわかってないようだった。

「歩くってことよ。」

「歩くってことか。

それなら夜とか涼しいときにでもしないとな。」

まだ意欲はあるようだ。

高齢になれば、気力が落ちて、どんどん体も弱くなってくる。

なおかつ手術や入院をすれば心身ともに落ち込み、さらに弱くなってくる。

やる気のあるうちに、サンダルしか持ってない父親の為に、僕はジョギングシューズと上下のジャージを買いに行った。

しかしその日は雨だった…

引用元:ウォーキング | 俺と親父と肝臓ガン

もう、ならないのだ!と思っていました

doramusumeさん(女性)

9月末にDr了に訪問診療を依頼してから、

点滴は3回目です。

一回目~11/12~1/15(テルフィス)

二回目~1/10~1/12(アルブミン)

そして今回が三回目~3/4~3/7の予定。

(テルフィス)

「相棒」風にseason3^^;

今回は一回目と同じ症状の、脳症。

(二回目は浮腫みでした。)

脳症は、もう、ずいぶんと長い間悩まされ続け、

昨年三月に、シャントを詰める手術もしたので、

もう、ならないのだ!と思っていました。

でも、そんなに甘くない。

手術で肝機能が良くなったわけではなく、

あくまでも対症療法なので、これは致し方ない事実と思っています。

これからは、頻繁にあると言うことを「いざ覚悟」状態。

・・かな?

一回目と二回目の点滴の方法は、ぶら下がり健康器を利用。

ベットの頭のほうに置いてお薬をぶら下げました。

お薬<健康だし。

ね。

引用元:お部屋で点滴。。season3。。 | 還暦を過ぎたdoramusumeが願う事~少しでも長く続けたいなっ^^;夫との穏やかな日々。。

血中アンモニアが増えてしまい。脳に回って倒れました

末期肝細胞癌と闘う53歳さん(男性)

肝硬変は肝癌とは違う病気ですので、別の治療が必要です。

つまり肝臓癌と肝硬変用の別の治療を、バランスを、取りながら行わないと肝硬変により脳がやられ、本当の死因は肝硬変になるかも知れません。

肝硬変が進むと肝性脳症という状態になり、意識障害を起こすこともあります。

これも私は経験済みです。

私の場合血中アンモニアが増えてしまい。

脳に回って倒れました。

これが私には肝臓癌の他の症状よりも、そして薬の副作用よりも、本当にしんどくて、情けなくて、怖いので常に注意です。

引用元:■肝細胞癌に対する自分なりの認識 | 末期肝細胞癌と戦う53歳オヤジ

その後、肝性脳症にはなっていません

doramusumeさん(女性)

最後に肝性脳症を発症し、昏睡しちゃたのは昨年の三月。

その後、肝性脳症にはなっていません。

不思議です。

・・・・

血液検査を、昨年は、3/3・4/11・6/6・7/11・10/3・12/12

今年に入って、2/13・4/10・6/5 にしました。

今年前半は、1月2月の、低空ながらの、日々安定を経て。

冬の初めに一度、鉄剤のフェルムカプセルを一日おきにしたのだけれど。

貯蔵鉄フェリチンが減りすぎて。

あららと、2/15から元に戻して、一日1錠。

2月の末の血液検査でカリウムHの為、利尿剤の調整開始。

カリウム保持の利尿剤アルダクトンを一日5錠から4錠に減。

3月13日の定期訪問診療の朝。

一年おとなしかった、?

一年ナダメすかしていた?鼠径ちゃんが、

ついに、飛び出したまま、戻らず💨💨。

そのまま、今がチャンスと、鼠径ヘルニアの手術をして、10日間入院。

ついでに肝臓の癌が見つかって、👀。

あらら~~な気分。

退院したのは、3月の22日。

4月に入って、少々頑張って、プチ旅行を数回。

4月10日は、あらま💨💨。

ツカレタ?足が攣ったの大騒ぎ。

臨時の訪問診療。

即。

採血。

の結果。

カルニチンの値がH。

1回4錠×一日三回計12錠飲んでいたエルカルチンを半分に。

様子を見ながら、また半分に。

なので今は、一回一錠一日三回。

計3錠。

ひところの四分の一です。

5月に入って、それなりに、体調も安定。

鼠径ヘルニアは完治!。

肝臓がん対策の為。

採血・造影剤CT検査と、重大なイベント?をこなしました。

訪問診療も一週間おきで、軌道に戻り。

5月は8日と22日。

6月は5日と19日。

5月の末から、少々の下痢の為。

モニラックを中止。

アミノレバンもお腹の緩さに関係があると本人の申告。

一日三回を、様子を見ながら調整。

最近はずっと、一日一回。

                    ⤵dormusumeが思っただけです。

念のため。

エルカルチンを減らしたから下痢?違うよね?な感じで、今に至ります。

引用元:いろんな事情でお薬減らし。。2か月経過。 | 還暦を過ぎたdoramusumeが願う事~少しでも長く続けたいなっ^^;夫との穏やかな日々。。

母の頭の回転が鈍くなった

葉月さん(女性)

前記事にて、母の頭の回転が鈍くなったとお伝えしました。

母は8/2(日)に退院して、約二週間、自宅で過ごしております。

病状も頭の回転もあまり回復していないようです。

頭の回転がどう鈍いのか、のご報告。

====

  • ひとの話を理解しにくい。

未だに、シャワー浴びる際の管の処置(テープ貼り変え)を理解できません。

その他、日常的な連絡(お盆の対応とか)も母と相談して決めたことを忘れてしまいます。

  • 薬を飲み間違える。

朝4種、昼・夜2種の薬を処方されています。

朝だけの薬(胃薬)を昼・夜も飲み、その間違いに本人が気付いたのは10日後でした。

薬の残量が5錠くらいで、一週間後の次回診察日までもたないと気付いたようです。

また、ウルソという薬を前回診察時に追加処方してもらいました。

けど母は前にもらったウルソと、追加でもらったウルソを別の薬だと認識して、結果として1錠のところを2錠のんでいました。

これは本人は気がつかず、上記の胃薬騒動の時に私が気がつきました。

このことについて母にわかりやすく何回か説明しましたが、理解してもらえませんでした。

お薬カレンダーみたいなのを用意しようか?と母に提案するも、

「今後は自分でしっかり確認するから」

と頑なに拒否。

食後、10分くらいかけて薬を自分で用意していました。

見ている方としてはとても不安。

だから薬を写真に撮って、わかりやすくしました。

「朝飲む薬」「昼・夜飲む薬」の2パターン。

薬を準備するときに、写真の上に薬を置いて準備すればわかりやすいかな、と。

====

あとは被害妄想的なものもあるのですが、長くなるので次回。

引用元:肝性脳症?その後1 - 肝臓がん闘病記

最後の半月ほどはずっと夢うつつで

お菊さん

私の父は3ヶ月ほど入退院を繰り返し、他界しました。

トピ主さま、ご心痛の事とお察し致します。

さて、症状なのですが、「肝性脳症」と言われる意識障害がありました。

「肝性脳症」で検索すると、色々情報が見つかるかと思います。

私の父の場合ですが、最後の半月ほどはずっと夢うつつで、

常にうとうと眠っているような状態でした。

慰めにならないかとは思いますが、臨終のその時までほとんど

苦痛は無いようでした。

腹水が溜まると少し苦しいようでしたが、

甘い物やたばこも好きなように口に出来ていました。

まとまりない文章になりすみません。

パートナー様の治療が良い方に向かいますよう、お祈りしております。

引用元:肝臓がんの最後を教えて下さい (切実です) : 心や体の悩み : 発言小町 : 読売新聞