肝臓がんを治したい・改善したい人のための情報サイト

肝腎症候群

肝臓がんの合併症のひとつ、肝腎症候群の症状や治療法について調査しています。

【肝臓がんの合併症】肝腎症候群

肝臓がんの合併症である、肝腎症候群。肝疾患によって引き起こされた急性腎不全を指します。

肝臓の不調は、連動して腎臓の働きに悪影響を及ぼします。
肝心症候群は、肝臓がんや肝硬変が末期まで進行した時点で現れ、生命の存続にさえ関わります。

その症状

肝腎症候群が発生すると、尿の量が非常に少なくなります。
腎臓に異常はないのですが、尿が少ないので腎臓の働きも弱くなります。
老廃物が排出できなくなり、血液のミネラルバランスも崩れてしまうので、昏睡状態に陥ることがあります。

また、血中のナトリウムが排出できなくなることで尿浸透圧が高くなり、腹水を起こします。
悪化すると腎不全に陥り、やがてまったく尿が出ない状態になってしまいます。

その原因

肝臓の異常が腎不全を起こす理由は、実はまだ明らかにはされていません。
腎臓血管の収縮を司る交感神経に異常が生じて、腎臓に流れ込む血液の量が減ることが原因ではないか、と推測されているようです。

また「腹水によって腎臓周辺の血管が圧迫されるから」とも考えられています。

その診断方法

急性腎不全になると、血液中のクレアチニン値が毎日上昇します。

そのため、血液検査によってクレアチニン値と尿素窒素の濃度を測定する方法が一般的です。

その治療法

肝腎症候群になってしまうと、肝臓移植以外には治療法はないと考えられています。
肝臓がんも末期にあたるので、残念ながら余命はそれほど長くはありません。

症状の緩和として、利尿薬を利用したり、アルブミンの投与で腹水を軽減したり、
透析によって血液中の有害物を取り除く治療が行われます。
また肝機能の回復も目指しますが、やはり根治は難しいようです。

合併症があらわれた場合の治療について

肝腎症候群のような合併症があらわれるケースは、すでに肝臓の状態が悪く、がんが進行している状況であると考えられます。しかし、標準治療をはじめ、それを補完する代替療法の研究も進んでおり、治療の望みは以前より大きいと言えるでしょう。このサイトでは、肝臓がんに対するさまざまな各種標準治療のほか、標準治療を補完し、治療中や予後における生活の質(QOL)を高める効果が期待される代替医療について、詳しく解説しています。

代表的な標準治療

本サイトで紹介している主な標準治療は、以下の通りです。

  • 肝動脈塞栓療法
  • 抗がん剤治療
  • 放射線治療 など

標準治療について、詳しい内容を知りたい方は以下を確認してください。

肝臓がんの標準治療について詳しく見る

代表的な補完代替医療

本サイトで紹介している主な代替医療は、以下の通りです。

  • 健康食品・サプリメント
  • 食事療法
  • 漢方
  • 免疫治療 など

代替医療について、効果や口コミ・評価を知りたい人は、以下を確認してください。

代替医療の体験談を詳しく見る