肝臓がんをあきらめない

肝臓がんをあきらめない

肝臓がんを治したい・改善したい人のための情報サイト

肝臓がんをあきらめない肝臓がんが併発する合併症黄疸

黄疸

肝臓がんの合併症として現れる、黄疸の症状や原因についてまとめました。

【肝臓がんの合併症】黄疸の症状、原因とは

黄疸は肝臓がんの末期症状として発症します。黄疸は胆汁の流れが関わっており、肝臓の機能低下によって胆汁の性質が変わってしまうことで黄疸が起こります。

末期症状として現れる理由は、肝臓の特異な性質にあります。肝臓は非常に対応力が高く、例え肝硬変や肝臓がんが肝臓をむしばんでも、健康な部分の幹細胞が、病巣の細胞の代わりに働いてくれます。

他の細胞が働くので、初期段階では体の他の部位には影響しません。自覚症状がないのです。これが肝臓が静かな臓器と呼ばれる理由です。

黄疸とは

黄疸は、肌や目、尿の色が黄色く濁る症状。肌は黄み帯びて、白目の部分が黄色くなってきます。肝臓をはじめ、胆管周辺の病気によって起こります。

肝臓には、胆汁という消化液をつくるはたらきがあります。これを胆のうに送り、ためたものを十二指腸へと送っています。しかし、肝臓がんなどで肝機能が低下すると胆汁がうまく流せなくなります。胆管と呼ばれる管のはたらきが阻害されてしまうためです。また、大きくなった腫瘍が胆管を圧迫することでも胆汁の流れが悪くなります。

そうなると、血液中にビリルビンという黄色い色素が増え、全身の血管や皮膚に黄色い色素がまわって、沈着してしまいます。これが黄疸の原因です。日本人は比較的肌の色が黄色いため、軽い黄疸の症状の場合は目立ちにくいようです。白目が黄色く濁ってきたり尿の色が濃くなってきた場合には、黄疸を疑う必要があるようです。

黄疸に伴う症状

黄疸がおこると、全身の倦怠感発熱全身のかゆみが生じます。ビリルビンは末梢神経を刺激することがあり、強いかゆみに襲われます。基本的に黄疸は、他の病気と併発して現れる疾患ですので、体質的なものでない限り、気づいていない病気が進行している可能性があります。

黄疸の治療

黄疸については、根本的には治療法がありません。もとの病気を治療するしかないのですが、黄疸が出る時点で肝臓がんはすでに進行しています。

かゆみは難治性のため、抑えるのが難しいのです。あまり皮膚を引っ掻かないようにして、清潔にして保湿をすることが大切です。

    肝臓がんが併発する合併症  
このページの上部へ ▲
肝臓がんをあきらめない