肝臓がんを治したい・改善したい人のための情報サイト

黄疸

肝臓がんの合併症として現れる、黄疸の症状や原因についてまとめました。

【肝臓がんの合併症】黄疸

肝臓は非常にタフな臓器です。例え一部が肝硬変やがん細胞に蝕まれても、健康な部分の幹細胞が、健気に働いてくれます。
このため肝臓がんの初期段階では、自覚症状が現れなくなっています。「静かな臓器」と呼ばれる所以です。

しかし黄疸は、目に見えてわかる症状。肝臓がんも末期に近づいた頃。ようやく体表に現れてきます。

その症状

肌や目、尿の色が黄色く濁る症状。肌は黄み帯びて、白目の部分も黄色くなります。肝臓をはじめ、胆管周辺の病気によって起こります。

その原因

肝臓には、胆汁という消化液を作る働きがあります。
これを胆のうで一時的に溜めたうえで、十二指腸へと送っています。
しかし、肝臓がんなどで肝機能が低下すると胆汁がうまく流せなくなります。
胆管と呼ばれる管の働きが阻害されてしまうためです。
また、大きくなった腫瘍が胆管を圧迫することでも、胆汁の流れは悪くなります。

そうなると、血液中にビリルビンという黄色い色素が増え、
全身の血管や皮膚に黄色い色素が回り、沈着してしまいます。これが黄疸の原因です。

ビリルビンは末梢神経を刺激するため、黄疸とともに強いかゆみに襲われることがあります。
また全身の倦怠感や、発熱を伴うケースが多くなっています。

日本人が「黄色人種」と呼ばれることからもわかるように、
肌はもともと黄身がかっているため、軽い黄疸は目立ちにくくなっています。
「もしかして、黄疸…?」と不安になったら、白目が黄色く濁っていないか、
尿の色が濃くなっていないかなども併せてチェックしましょう。

その治療法

黄疸は基本的に、他の病気に併発して現れます。このため黄疸を治すためには、もとの病気を治療するしかありません。

特にかゆみは難治性のため、抑えるのが難しくなっています。
あまり皮膚を引っ掻かないようにして、清潔にして保湿をすることが大切です。

合併症があらわれた場合の治療について

黄疸のような合併症があらわれるケースは、すでに肝臓の状態が悪く、がんが進行している状況であると考えられます。しかし、標準治療をはじめ、それを補完する代替療法の研究も進んでおり、治療の望みは以前より大きいと言えるでしょう。このサイトでは、肝臓がんに対するさまざまな各種標準治療のほか、標準治療を補完し、治療中や予後における生活の質(QOL)を高める効果が期待される代替医療について、詳しく解説しています。

代表的な標準治療

本サイトで紹介している主な標準治療は、以下の通りです。

  • 肝動脈塞栓療法
  • 抗がん剤治療
  • 放射線治療 など

標準治療について、詳しい内容を知りたい方は以下を確認してください。

肝臓がんの標準治療について詳しく見る

代表的な補完代替医療

本サイトで紹介している主な代替医療は、以下の通りです。

  • 健康食品・サプリメント
  • 食事療法
  • 漢方
  • 免疫治療 など

代替医療について、効果や口コミ・評価を知りたい人は、以下を確認してください。

代替医療の体験談を詳しく見る