肝臓がんをあきらめない

肝臓がんをあきらめない

肝臓がんを治したい・改善したい人のための情報サイト

肝臓がんをあきらめない肝臓がんが併発する合併症その他

その他

肝臓癌の合併症のうち、癌による疼痛や消化器官への影響などについてリサーチしました。

疼痛、消化器への影響…肝臓癌に伴う、さまざまな合併症

肝臓癌には、腹水・胸水黄疸肝性脳症肝腎症候群門脈圧亢進症など、さまざまな合併症のリスクがあります。ここでは、そのほかの合併症について解説していきます。

癌性疼痛

がんは、進行に伴って疼痛が生じます。痛みが生じるのは主に末期で、持続性の痛みです。かなり強い痛みであることが多く、3割ほどは耐え難いレベルの強みだと言われています。疼痛が生じる段階では、痛みを緩和するケアが必要になります。

肝臓癌の疼痛

肝臓癌の場合は、右季肋部、心窩部と呼ばれる部位に痛みが出ます。また、肝臓の被膜が伸びることによる、腹部の上部に鈍い痛みを感じます。

癌が表面に広がる段階では、腹腔内に出血して痛みを伴います。血圧の上昇により癌細胞が破裂して、痛みを伴うこともあります。

これらの痛みが続くことで、夜眠れず食欲も落ちてしまいます。薬や精神的なケアによって、苦痛を和らげることが大切です。

消化器の症状

消化器にも影響を及ぼします。

吐き気下痢便秘口内炎など、消化器に関わるたくさんの症状が現れます。これらの症状にともなう食欲不振によって、からだが弱ることもあるようです。

また、肝臓癌によって門脈圧が上昇することで、胃や食道の血管に静脈瘤ができたり、粘膜から出血したり、最悪の場合は静脈瘤が破裂することもあります。肝臓にできた癌でありながら、多くの臓器に強い影響が現れてしまうのが肝臓癌の恐ろしいところです。

    肝臓がんが併発する合併症  
このページの上部へ ▲
肝臓がんをあきらめない