肝臓がんを治したい・改善したい人のための情報サイト

その他

肝臓がんの合併症のうち、癌性疼痛や消化器官への影響などについて調べています。

【肝臓がんの合併症】癌性疼痛、消化器への影響など

肝臓がんには、腹水・胸水や黄疸、肝性脳症、肝腎症候群、門脈圧亢進症などの合併症リスクがあります。
また上記のような代表例以外にも、気を付けなくてはならない症状を以下に紹介していきましょう。

癌性疼痛

がんは、進行に伴って疼痛が生じます。痛みが生じるのは主に末期で、持続性の痛みです。

かなり強い痛みであることが多く「3割ほどは耐え難いレベル」と言われています。
疼痛が生じる段階では、痛みを緩和するケアが必要になります。

【肝臓がんの疼痛の種類】

■肝臓がんの場合は、右季肋部、心窩部と呼ばれる部位に痛みが出る。

■肝臓の被膜が伸びることにより、腹上部に鈍い痛みが生じるようになる。

■がんが表面に広がる段階では、腹腔内の出血や痛みが伴う。

■血圧の上昇によりがん細胞が破裂し、痛みを伴うこともある。

これらの痛みが続くと、患者は夜も眠れず、食欲も落ち、身体的に疲弊していきます。
薬や精神的なケアによって、苦痛を和らげることが大切です。

消化器の症状

肝臓がんは、消化器にも影響を及ぼします。

吐き気や下痢、便秘、そして口内炎など、消化器に関わるたくさんの症状が現れます。
これらの症状に伴う食欲不振によって、身体が弱ることも、充分に考えられます。

また、肝臓がんによって門脈圧が上昇することで、胃や食道の血管に静脈瘤ができたり、粘膜から出血したり、
最悪の場合は静脈瘤が破裂することもあります。

肝臓にできたがんでありながら、多くの臓器に強い影響が現れてしまうのが、肝臓がんの恐ろしさなのです。

合併症があらわれた場合の治療について

癌性疼痛のような合併症があらわれるケースは、すでに肝臓の状態が悪く、がんが進行している状況であると考えられます。しかし、標準治療をはじめ、それを補完する代替療法の研究も進んでおり、治療の望みは以前より大きいと言えるでしょう。このサイトでは、肝臓がんに対するさまざまな各種標準治療の他、標準治療を補完し、治療中や予後における生活の質(QOL)を高める効果が期待される代替医療について、詳しく解説しています。

代表的な標準治療

本サイトで紹介している主な標準治療は、以下の通りです。

  • 肝動脈塞栓療法
  • 抗がん剤治療
  • 放射線治療 など

標準治療について、詳しい内容を知りたい方は以下を確認してください。

肝臓がんの標準治療について詳しく見る

代表的な補完代替医療

本サイトで紹介している主な代替医療は、以下の通りです。

  • 健康食品・サプリメント
  • 食事療法
  • 漢方
  • 免疫治療 など

代替医療について、効果や口コミ・評価を知りたい人は、以下を確認してください。

代替医療の体験談を詳しく見る