肝臓がんをあきらめない

肝臓がんをあきらめない

肝臓がんを治したい・改善したい人のための情報サイト

肝臓がんをあきらめない肝臓がんが併発する合併症門脈圧亢進症

門脈圧亢進症

肝臓癌の合併症である門脈圧亢進症(もんみゃくあつこうしんしょう)という病気について、その症状や原因をリサーチしました。

【肝臓癌の合併症】門脈圧亢進症とは?

門脈圧亢進症は、肝臓を通る血管である門脈の異常によって起きる病気です。その原因にはいくつかの種類がありますが、日本の場合はその90%が肝硬変・肝臓癌を原因としています。

門脈圧亢進症(もんみゃくあつこうしんしょう)とは

門脈とは、胃や腸などの臓器からの静脈血を集めて、肝臓へ流れ込む輸送路のことを指します。門脈から流れ込んだ血液は、肝細胞と物質の交換をして、心臓へと戻っていきます。この門脈のどこかで、流れが悪くなることで起こるのが門脈圧亢進症です。

門脈圧亢進症の症状

これは特定の病気を指すのではなく、腹水や脾腫、食道や胃の静脈瘤などから構成される症状群を指します。初期段階では、腹部の膨張不快感内出血などが見られます。

また、血液が上手く流れなくなることで、門脈を通らずに血液が流れるバイパスが形成されます。これによって毒物が肝臓で処理されず、毒物を含んだ血液が体内を流れてしまい、さまざまな症状が生まれます。

新しくできた血管はもろいので出血しやすく、命にかかわることもあります。それだけでなく、毒物が脳へ届いてしまうことで、肝性脳症を引き起こすこともあります。

門脈圧亢進症そのものには大きな害はないものの、それによって引き起こされる二次的な症状は重大な危険をもっています。

門脈圧亢進症の治療法

門脈の血圧を下げるために、薬剤が投与されます。また、腹水の排出のための利尿剤や、排出されないアンモニアの軽減のための薬剤投与食事制限などが行われます。

最近では、血管内を治療する方法として、TIPS(経頸静脈的肝内門脈大循環シャント術)が用いられることもあります。

    肝臓がんが併発する合併症  
このページの上部へ ▲
肝臓がんをあきらめない