肝臓がんをあきらめない

肝臓がんをあきらめない

肝臓がんを治したい・改善したい人のための情報サイト

肝臓がんをあきらめない肝臓がん対策に用いられている健康食品成分AHCC

AHCC

肝臓癌の治療に用いられる機能性食品、AHCCの効果や効能、そして口コミ情報についてまとめました。

肝臓癌への効果は?AHCCの特徴と口コミを紹介

肝臓癌をはじめ、がん細胞の撃退に効果があるとして注目を浴びているAHCC。その効果に迫りました。

AHCCとは

AHCCは、Active Hexose Correlated Compundの略称です。そのまま訳すと「活性化多糖類関連化合物」となります。

キノコの菌糸を培養し、その菌糸の細胞壁に含まれる食物繊維を酵素処理することでつくられる機能性食品です。

AHCCの効果

AHCCが癌に効くとされるのは、ナチュラルキラー細胞(NK細胞)の活性化作用が認められているためです。これはヒトでもすでに効果が認められており、ラットによる実験ではがん細胞の増殖や転移を抑制することもわかっています。

また、再発率が高い肝臓がんに対して、再発抑制効果もあると考えられています。これは厳密なデータがあるわけではありませんが、さらなる研究と実験の成果が期待されています。

AHCC服用者の口コミ・体験談

では、実際にAHCCを肝臓癌治療に取り入れた方にはどのような効果があったのでしょうか。利用者の体験談を探してみたので、ご紹介します。

体験談:余命半年と宣告された70代女性

70代女性の画像

ある日、夕飯の支度をしていて棚に手を伸ばした時、わき腹が傷みました。違和感があったので病院に行ったところ、C型慢性肝炎だと言われました。心配なので別の病院で見てもらったところ、肝臓がんであることがわかりました。

私には知らされていませんでしたが、家族には「あと半年もつかどうか」と言われていたそうです。手術で肝臓の3分の1と胆のうを切除しましたが、2つのがんが再発してることがわかりました。

肝動脈塞栓術での治療を始めたものの、血管が破裂しそうになって治療は中止。どうにもならない私は、週刊誌で見たAHCCを試してみることにしました。

AHCCを飲み始めてからは、検査の数値がどんどんよくなりました。抗がん剤も飲んでいないのに、がんの悪化は食い止められていて、お医者様も驚いていました。

近所へ買い物にいったり、庭の草むしりをしたりと、がんと共存しながら過ごすことができています。

    その他の成分に関する効果効能および体験談  
このページの上部へ ▲
肝臓がんをあきらめない