肝臓がんをあきらめない

肝臓がんをあきらめない

肝臓がんを治したい・改善したい人のための情報サイト

肝臓がんをあきらめない肝臓がん対策に用いられている健康食品成分アラビノキシラン

アラビノキシラン

肝臓癌の治療効果があるとされる成分、アラビノキシランに関する情報を調査。実際に利用している方の口コミ情報もご紹介します。

アラビノキシランの肝臓癌治療への影響・効果とは

アラビノキシランは、米や麦、とうもろこしといったイネ科の植物に含まれる、ヘミセルロースの主成分です。

米ぬかから取り出される微量のヘミセルロースに、シイタケなどの菌糸体がもつ酵素を作用させることでアラビノキシランを作り出すことができます。このアラビノキシランが、肝臓癌にも効果が高いとして期待されています。

また、副作用・毒素などもなく、安心して取り入れられる成分といえます。

アラビノキシランの肝臓癌治療効果

アラビノキシランは、血液中のマクロファージやNK細胞の活性化を促す作用があります。これによって免疫作用が強化され、癌細胞への攻撃を強めることができます。

アメリカでの実験によれば、癌患者にアラビノキシランを投与したことで、癌の回復だけでなく、自覚症状の改善や抗がん剤治療副作用の軽減効果があったそうです。

まだ研究段階ではありますが、アラビノキシランはC型・B型肝炎への効果もあることがわかりつつあります。これによって、肝臓癌の予防効果も期待できます。

アラビノキシランの体験談

では、実際にアラビノキシランを服用している方にはどのような効果があったのでしょうか。口コミ情報を集めてみました。

体験談1:健康診断で癌が見つかった60代男性

60代男性の画像

会社の定期検診で肝臓癌の恐れがあると言われました。検査の結果、肝臓に4か所の癌が見つかりました。

抗がん剤治療をはじめたものの、副作用が厳しく、半年で中断しました。いくつかの民間療法も試したのですが効果はなく、手詰まりになってしまいました。

抗がん剤治療にも効果はなかったので、より優れた民間療法を探し始めました。知人の紹介で出会ったアラビノキシランを飲み始めてみると、1か月半ごろで食欲が出て、体調が回復し始めました。

検査をしてみると数値が改善していて、かなり標準値に近づいています。その後も抗がん剤は一切使用せずに、肝臓癌の治療を続けることができました。

体験談2:再入院で癌が見つかった40代男性

40代男性の画像

疲れを感じて、会社の指定検査を受けました。慢性肝炎と診断され、即入院。退院後はしばらく変化もなく過ごしていましたが、仕事が忙しくなったころに再度入院。肝臓癌でした。

アラビノキシランを飲み始めてから1ヶ月で、強かった疲労感は低下しました。肝臓の治療には時間がかかるので、続けて飲み続けていきたいと思います。

    その他の成分に関する効果効能および体験談  
このページの上部へ ▲
肝臓がんをあきらめない