肝臓がんをあきらめない

肝臓がんをあきらめない

肝臓がんを治したい・改善したい人のための情報サイト

肝臓がんをあきらめない肝臓がん対策に用いられている健康食品成分フコイダン

フコイダン

癌に効くとされる、フコイダンの効果を解説。肝臓癌の治療にフコイダンを取り入れた方の体験談も集めてみました。

フコイダンの特徴と肝臓癌への影響とは

フコイダンは、コンブやワカメなどの海藻のヌメリ成分のこと。海藻が微生物に食べられないためのバリア成分なのだそうです。

このフコイダンには、癌を撃退する効果があると言われています。

フコイダンの癌撃退効果

フコイダンが癌を撃退する効果は、3つの側面から発揮されます。

アポトーシス作用

癌細胞は異常な細胞であり、死ぬことなく増え続けると言われています。一方、正常な細胞は一定期間を過ぎると自死を選びます(アポトーシス)。

フコイダンは、癌細胞にはたらきかけ、アポトーシスさせることで、癌細胞を死滅させる作用があります。

免疫作用の活性化

アガリクスなどと同様に、フコイダンには免疫活性効果があると言われています。体内の免疫細胞を刺激し、活動を活発にしながら、細胞の数自体を増やしていきます。

これによって免疫システム全体が活性化し、癌細胞を撃退します。

血管新生抑制作用

癌細胞は、新しく血管をつくりだし、そこから成長のための栄養を得ます。この血管をつくりだす作用を抑えることで、癌細胞の増殖を抑えることができます。

抗癌剤と併用して効果アップ!

フコイダンにアポトーシス作用があるので、抗がん剤治療において抗がん剤の量を減らすことができます。抗がん剤が減れば副作用も減るので、心身ともにダメージを減らすことができます。

抗がん剤による免疫低下もフコイダンがカバーしてくれるので、高い相乗効果が得られるそうです。

フコイダンの口コミ・体験談

最後に、フコイダンを肝臓癌治療に取り入れた方の口コミや体験談をご紹介します。

体験談1:肝臓癌が再発した50代男性

50代男性の画像

ストレスでたばこや酒をたくさん嗜み、いつの間にかB型肝炎を発症したこともあって、若いうちに肝臓癌になっていました。厳しい痛みに耐えきれず病院に行けば、即入院。手術はしましたが、2か月で再発してしまいました。

そんなときに人から教えてもらったのがフコイダンでした。食前に2粒、就寝前に3粒飲むのを1年ほど続けました。そして、病院での治療は一切やめてしまいました。

気づけば発症から5年、今でも元気に仕事をしています。肝臓癌だったのが信じられないほどです!

体験談2:ステージ4と診断された50代男性

50代男性の画像

C型肝炎が原因で、2~3cmの癌が4か所もできており、ステージ4という診断を受けました。治療がうまくいったとしても再発リスクが高いと聞き、絶望を感じました。

治療をしても再発の可能性が高いので、代替医療をはじめることにしました。病院での治療と併用して、癌を撃退する効果のあるフコイダンを、1日3回のペースで摂りました。

結果として、抗がん剤との相性がよかったのか、癌は消えてしまいました。抗がん剤の副作用もなく、今では仕事を再開しています。治療から1年が経ちましたが、再発もしていません。

    その他の成分に関する効果効能および体験談  
このページの上部へ ▲
肝臓がんをあきらめない