肝臓がんをあきらめない

肝臓がんをあきらめない

肝臓がんを治したい・改善したい人のための情報サイト

肝臓がんをあきらめない肝臓がん対策に用いられている健康食品成分その他

その他

肝臓癌の治療に用いられる成分、クルクミン・オルニチン・グリチルリチンなどの効果や効能をまとめています。

クルクミン・オルニチン・グリチルリチンの肝臓癌への効果とは?

肝臓癌の治療に使われる代表的な成分に、クルクミンオルニチングリチルリチンといったものが挙げられます。これらの癌に対する効果を調査してみました。

クルクミン

クルクミンは、ウコンなどに含まれている成分のひとつ。あらゆる癌に対する効果がある成分として期待されています。

クルクミンは、小腸で吸収されたのちに、テトラヒドロクルクミンという物質になります。これが癌細胞発生の原因となるフリーラジカルを捕捉し、癌の発生を防いでくれます。

また、癌細胞を延命させる、NF-κBという物質のはたらきを抑制する効果があるそうです。この物質がないと、癌細胞はいずれ自死することになります。

オルニチン

オルニチンは、肝臓にやさしい成分のひとつ。脂肪肝や肝炎、肝硬変などの肝臓病のリスクから肝臓を守ってくれます。

オルニチンを含む、シジミのエキスを摂取し続けたことで、γ-GTP値が改善したという報告があります。ここからもわかるように、肝臓の状態を改善してくれるのがオルニチンの効果です。

また、オルニチンはNASHと呼ばれる非アルコール性脂肪肝炎にたいしても効果があり、肝硬変や肝臓癌への進行を防いでくれます。

オルニチンそのものには副作用はありませんが、ほかの成分や原材料との組み合わせで悪影響を及ぼす可能性はあります。信頼できる商品を選んで摂るようにしましょう。

グリチルリチン

グリチルリチンは、甘草から抽出された成分。肝細胞の粘膜を強くして、肝細胞の破壊を食い止めます。そのため、肝臓病の代表的な治療薬として利用されています。

B型C型肝炎炎症を抑える効果があるため、肝炎、肝硬変から至る肝臓癌の予防効果があると考えられています。なお、まだメカニズムは明らかになっていませんが、抗がん作用があるとも言われています。

    その他の成分に関する効果効能および体験談  
このページの上部へ ▲
肝臓がんをあきらめない