肝臓がんをあきらめない

肝臓がんをあきらめない

肝臓がんを治したい・改善したい人のための情報サイト

肝臓がんをあきらめない肝臓がん対策に用いられている健康食品成分サポニン

サポニン

高麗人参や田七人参に含まれるサポニンの、肝臓がんへの効果や効能についてまとめてみました。

高麗人参・田七人参に含まれるサポニンの癌抑制効果とは

抗がん作用があるとして注目される有効成分、サポニン。さまざまな植物に含まれる成分ですが、特に高麗人参や田七人参に含まれる人参サポニンは、複数の健康作用があることで知られています。

サポニンの抗がん作用とは?

人参サポニンは、ジンセノサイドというサポニンが主成分となっており、新陳代謝と免疫力を高める効果があります。これによってがん細胞を撃退し、転移を抑制することもわかっています。

また、抗酸化作用があるため、発がん物質が遺伝子の変異を起こしてがん細胞化させることを阻害する効果も報告されています。

それだけでなく、がん特有の気力減退や食欲不振、倦怠感を改善する効果もあるそうです。

抗がん剤治療の副作用を抑制

抗がん剤治療による副作用には、骨髄障害や肝障害、免疫機能の低下が挙げられます。これらを軽減することで、抗がん剤治療の効果を高めることができるのがサポニンの強み。

人参サポニンを腸内細菌が代謝することでできる成分には、がん細胞のアポトーシス(自死)を誘導する効果もあるのだとか。標準治療をしっかりサポートする効果があるので、抗がん剤治療と合わせてサポニンを摂れば、より治療効果が高まると考えられます。

サポニンを癌治療に取り入れた方の口コミ

では、実際にサポニンをがん治療に取り入れた方は、どのように感じていらっしゃるのでしょうか。口コミ情報をいくつかご紹介しましょう。

30代男性の画像

肝臓の数値が悪く、GOT、GPT、ガンマGTPとすべての数字が高い状態でした。田七人参でサポニンを4か月摂り続けたら、血液検査の結果はすべて正常になりました!(30代男性)

50代男性の画像

薬に頼らず体質を改善したい…そんなときにサポニンに出会い、飲み始めて2か月で数値が改善しました。(50代男性)

40代女性の画像

からだのだるさを感じていましたが、サポニンを摂り始めてからは体質が変わったのでは…と思うくらい元気になりました。(40代女性)
    その他の成分に関する効果効能および体験談  
このページの上部へ ▲
肝臓がんをあきらめない