肝臓がんをあきらめない

肝臓がんをあきらめない

肝臓がんを治したい・改善したい人のための情報サイト

肝臓がんをあきらめない知っておきたい肝臓癌の基礎知識検査方法

検査方法

肝臓がんの検査方法について解説しています。最近注目を浴びている、尿検査によるがん検査もご紹介します。

肝臓がんの検査方法

肝臓がんは自覚症状がなく、おかしいな、と思ったときには既にステージIV…ということが珍しくありません。そうなる前に早期発見をするためには、肝臓がんの検査をしっかりと受けておくことが大切です。

では、肝臓がんの検査はどのようにして行われるのでしょうか。肝臓がんの検査方法についてリサーチしてみました。

血液検査

がんに限らず、肝臓の機能は血液検査で知ることができます。血液検査で計る数値には、以下のようなものがあります。

ALT・AST

ALTとASTは、ともにアミノ酸をつくりだす酵素のこと。肝臓に存在する酵素です。

肝臓が障害を受けると血液中に流れ出るので、ALTとASTの値が高くなれば、肝臓に何らかの異常があったことを示します。ALTがASTを上回れば脂肪肝や慢性肝炎、ASTがALTを上回れば肝硬変や肝臓がん、アルコール性肝炎などが疑われます。

通常は両方の値が上がりますが、ALTの値だけが高ければ肝臓の病気、ASTだけが高ければ心筋梗塞や筋肉組織の異常と診断されます。

γ-GTP

肝臓や腎臓、すい臓、脾臓、小腸に存在する酵素で、肝臓や胆管の細胞が死ぬ時に血液中に流れ出します。

γ-GTPが高い場合も、やはり肝臓の異常が疑われます。

腫瘍マーカー

がん細胞が増殖した時につくられる、AFPやPIVKA-2などの特異物質による診断が腫瘍マーカーです。

腫瘍の有無の診断基準にはなりますが、小さいがんのときは腫瘍マーカーが基準値に満たないこともあるので、画像診断や肝生検が必要になります。

画像診断

CTやMRI、超音波などを使って肝臓の撮影をします。ここで肝臓がんと診断された場合は、太ももの付け根から肝動脈までカテーテルを通し、造影剤を挿入して動脈の状態を見る、腹部血管造影検査も行われます。

肝生検

肝臓に針を刺したり、腹部の外科手術で肝臓の病巣の一部を取り出すことで、がん細胞かどうかを診断する方法です。ほぼ確実に、がんかどうかを診断することができます。

線虫を使った尿検査に期待!

いま注目を浴びているのが、線虫を使った尿検査によるがん検査です。

C.elegansと呼ばれる線虫は、尿に含まれるがん患者特有の匂いに寄っていく習性があります。そのため、検査のための尿を一滴たらすだけで、その人ががんを患っているかどうかがわかるのです。

しかも早期がんでも発見でき、95.8%という高い精度でがんを発見しています。これが一回100~数百円というコストで可能なため、がん検査の飛躍的な向上に大きな期待が寄せられています。

このページの上部へ ▲
肝臓がんをあきらめない