肝臓がんをあきらめない

肝臓がんをあきらめない

肝臓がんを治したい・改善したい人のための情報サイト

肝臓がんをあきらめない知っておきたい肝臓癌の基礎知識治療費の目安

治療費の目安

肝臓がんの治療にかかる費用の目安について解説しています。

肝臓がんの治療費の目安

肝臓がんは、その進行状態によって治療の選択肢が決められます。症状が重いほど、治療のための費用も高額になります。もちろん高額医療制度が利用できるものもありますが、自費負担で高額の費用が必要になることもあります。

肝臓がんの治療方法

肝臓がんは、腹水の有無や血液検査の結果によって、A、B、Cという3つの状態に分類されます。

AやBであれば、切除手術のほか、重粒子線治療ラジオ波焼灼療法経皮的エタノール注入療法肝動脈塞栓療法、肝動脈化学療法などを利用することができます。

一方、Cの場合生体肝移植緩和医療という選択肢になります。

肝臓がんの治療費用

では、具体的にこれらの治療にはどれくらいの費用がかかるのでしょうか。費用例をご用意してみました。

  • 外科手術:120万円
  • ラジオ波焼灼療法:40万円
  • 経皮的エタノール注入療法:35万円
  • 肝動注化学療法:60万円
  • 重粒子線療法:360万円
  • 生体肝移植:800~数千万円

このうち、外科手術から肝動注化学療法までは、高額医療制度を使って自己負担9万円での治療が可能です。重粒子線療法の場合は320万円、生体肝移植の場合は100万円~という金額になります。

あくまでこれは各治療法単体の費用で、これに検査費用や抗がん剤治療の費用が加わります。たとえば、ラジオ波焼灼療法を使用した場合、治療費用9万円と検査費6万円が初年度にかかり、2年目以降は検査費の6万円が必要になります。

まだ、動注化学療法の場合、治療費9万円、検査費6万円、抗がん剤治療費7万円22万円が初年度には必要です。

公的補助を確認しよう

肝臓がんの治療の場合は、同時に肝炎の治療も続けることになります。肝炎治療については、公的な補助が手厚く用意されていることが多くあります。

これを利用すれば、肝臓がんの治療費用の負担が軽減されるので、市区町村の肝炎治療の助成制度を必ず確認するようにしましょう。

このページの上部へ ▲
肝臓がんをあきらめない