肝臓がんをあきらめない

肝臓がんをあきらめない

肝臓がんを治したい・改善したい人のための情報サイト

肝臓がんをあきらめない肝臓がんの主な治療方法

肝臓がんの主な治療方法

肝臓がんの治療に使われる、主な治療方法をご紹介しています。

肝臓がんの主な治療方法とは?

肝臓がんには、切除手術、患部だけに働きかけて治療をする局所療法、他人の肝臓を移植する肝臓移植、抗がん剤を使う化学療法、そして放射線を使う放射線治療などの方法があります。これらを総称して標準治療と呼びます。

具体的には、以下のようなものがあります。

  • 切除手術
  • 肝臓移植
  • 局所療法(経皮的エタノール注入療法・肝動脈塞栓療法・マイクロ波凝固壊死療法・ラジオ波焼灼療法)
  • 抗がん剤治療
  • 放射線治療

また、標準治療を助けるものとして、補完代替医療も存在します。特に抗がん剤での治療には副作用が伴うため、補完代替医療で副作用を和らげたり抗がん剤の効果を高めたりすることができます。

これらの治療方法を組み合わせるのが、現代の肝臓がんの治療の方法です。

それぞれの治療法を詳しく解説!

ここでは、これらの治療方法についてそれぞれ詳しい解説をしています。肝臓がんの治療についてお考えの方は、ぜひ参考にしてみてください。

このページの上部へ ▲
肝臓がんをあきらめない