肝臓がんを治したい・改善したい人のための情報サイト

肝臓がんの主な治療法

肝臓がんのステージを生きる » 肝臓がんの主な治療法

本カテゴリでは、肝臓がんの治療に使われる、主な治療法を紹介しています。

肝臓がんの標準治療としては、大別して以下の種類があります。

  • 切除手術
  • 肝臓移植
  • 局所療法
  • 抗がん剤治療
  • 放射線治療

それぞれについて詳しく解説していますので、参考にしてください。

切除手術

病巣をまるごと切り取るため、他の治療法より確実性が高い反面、身体への負担も大きい方法。また再発率が高い肝臓がんの場合、手術が適用されないケースも多いと言われていますが…?

肝臓がん治療における切除手術ついて詳しく見る

肝臓移植

がん細胞に侵されていない正常な肝臓を移植する方法。対小児のケースが多かったのですが、近年は成人に適用されることもあります。ただしリスクや費用の高い方法でもあります。

肝臓がん治療における生体肝移植ついて詳しく見る

経皮的エタノール注入療法(PEIT)

局所療法のひとつで、患部にエタノールを注入し、がん細胞を攻撃する方法。比較的安全で簡便な方法で、肝臓がん治療においては、長きに渡り重用されてきました。

肝臓がん治療における経皮的エタノール注入療法ついて詳しく

マイクロ波凝固壊死療法(MCN)

局所療法のひとつで、電子レンジにも使われるマイクロ波を使って、高熱で癌細胞を凝固・死滅させる方法です。

肝臓がん治療におけるイクロ波凝固壊死療法ついて詳しく見る

ラジオ波焼灼療法(RFA)

局所療法のひとつで、マイクロ波と同じメカニズムを持ちますが、その威力は高く、治療回数も少なくて済むのが特徴と言えます。

肝臓がん治療におけるラジオ波焼灼療法ついて詳しく見る

肝動脈塞栓療法(TAE)

がん細胞が栄養を得ている動脈をふさぎ、栄養を遮断することで壊死させるという方法。初期以降の肝臓がん患者に対し、適用されていく方法となっています。

肝臓がん治療における肝動脈塞栓療法ついて詳しく見る

抗がん剤治療(化学療法)

静脈注射や点滴などで、全身に化学薬品を巡らせ、がん細胞を攻撃していく治療法。一定の効果が期待できるものの、その副作用の強さを心配する声が挙がるのも事実です。

肝臓がん治療における抗がん剤治療ついて詳しく見る

放射線治療

効果はあるものの、周辺組織へのダメージが心配されたため、肝臓がんにはあまり適用されてこなかった治療法です。しかし近年、医療技術に進歩が見られるようになりました。

肝臓がん治療における放射線治療ついて詳しく見る

遺伝子治療

正常な細胞に負担をかけずに、がん細胞の遺伝子に作用する新しい治療法です。化学療法、放射線治療などほかの治療と併用することで、相乗効果が期待できるとされています。

肝臓がん治療における遺伝子治療ついて詳しく見る

重粒子線治療

体の表面では放射線量が弱く、がん病巣で放射線量がピークになる現象を利用した、最先端の放射線治療法です。通院で治療が可能で、体力のない方や高齢の方でも治療が受けられます。

肝臓がん治療における重粒子線治療ついて詳しく見る

陽子線治療

粒子が軽く、360度の方向から照射できる陽子線を使った放射線治療の1種です。がん細胞にピンポイントで照射できるため、肝機能を温存したまま治療を進めることができます。

肝臓がん治療における陽子線治療ついて詳しく見る

ワクチン療法

「樹状細胞にがんの目印を覚えさせる」ことでがんと戦う治療法。リンパ球の司令塔「樹状細胞」の働きを利用します。副作用が強く治療が継続できない方にも適応されます。

肝臓がん治療におけるワクチン療法ついて詳しく見る

活性化自己リンパ球療法

免疫力を回復させてがんと闘う免疫細胞療法の一種。がん細胞の増殖を抑えるリンパ球を体外で増殖させて体内に戻し、免疫力を高めることで、QOL改善などが期待されます。

肝臓がん治療における活性化自己リンパ球療法ついて詳しく見る

手術できないと言われた場合について

肝臓がんの治療にあたり、医師から「手術できません」と宣告される場合があります。一体どのような理由から、そのような判断がなされるのでしょうか?

手術できない肝臓がんの治療ついて詳しく見る