肝臓がんをあきらめない

肝臓がんをあきらめない

肝臓がんを治したい・改善したい人のための情報サイト

肝臓がんをあきらめない肝臓がんの主な治療方法抗がん剤治療(化学療法)

抗がん剤治療(化学療法)

肝臓がんの治療に用いられる、抗がん剤治療やインターフェロンについてまとめています。

肝臓がんの抗がん剤治療(化学療法)

肝臓がんの治療法として、いま成績の向上を見せているものが抗がん剤を使った化学療法です。これまで肝臓がんには化学療法の効果が薄いと考えられていましたが、抗がん剤の進歩によりその常識も覆りつつあります。

肝臓がんの化学療法・抗がん剤治療とは?

肝臓がんに用いられる化学療法には、全身化学療法動注化学療法の2つがあります。

全身化学療法

全身化学療法は、静脈注射や点滴などで全身に抗がん剤を巡らせる治療法です。従来は、肝臓がんにはあまり効果がなく、転移した肝臓がんを攻撃するのに使われていました。

しかし、2009年から保険適用となった「ソラフェニブ」という分子標的治療薬によって、肝臓がんを的確に攻撃できるようになりました。分子標的治療薬は、がん細胞のみが持つ受容体やタンパクに対して作用するので、健康な細胞への副作用が小さく、がん細胞を攻撃することができます。

動注化学療法

対して動注化学療法は、肝臓に直接抗がん剤を注入するという方法です。

太ももの付け根から肝動脈まで、カテーテルという管を挿しこんでいき、抗がん剤を注入します。これによって患部に集中的に抗がん剤を注入できるので、投与する量が少なく、副作用も小さくて済みます。

インターフェロン

抗がん剤と併用することで、大きな効果を生むとされているのがインターフェロンです。インターフェロンは、動物の体内に異物が侵入したときに、細胞がつくりだすタンパク質になります。

このインターフェロンを筋肉注射することで、がんが小さくなったり、消失するという効果が見られました。その具体的なメカニズムは未だ明らかに反っていませんが、インターフェロンががん細胞の増殖を抑えているのが理由だと考えられます。

副作用

ただし、これらの化学療法には副作用があります。抗がん剤の系統別に副作用をまとめてみました。

5-FU系

食欲不振や嘔吐、下痢や倦怠感、消化性潰瘍、口腔内潰瘍、骨髄抑制、ビリルビン上昇などの副作用があります。

白金系薬剤

好中球減少、血小板減少、悪心や嘔吐、消化器症状、腎障害など

アントラサイクリン系薬剤

脱毛、好中球減少、消化器症状、粘膜炎、敗血症、心機能低下など

エトポシド

脱毛、嘔気、好中球減少、血小板減少

分子標的薬

手足症候群、皮疹、脱毛、食欲不振、悪心、嘔吐などの消化器症状、高血圧など

化学療法において、副作用は避けて通れないもの。早くから対処することで、副作用と上手に付き合っていく必要があります。

このページの上部へ ▲
肝臓がんをあきらめない