肝臓がんを治したい・改善したい人のための情報サイト

抗がん剤治療(化学療法)

肝臓がんのステージを生きる » 肝臓がんの主な治療法 » 抗がん剤治療(化学療法)

肝臓がんの治療に用いられる、抗がん剤治療やインターフェロンについてまとめています。

肝臓がんの抗がん剤治療(化学療法)

肝臓がんの治療法として成績の向上を見せているのが、抗がん剤を用いた化学療法です。
これまで「肝臓がんには、化学療法の効果が薄い」と考えられていましたが、
抗がん剤の進歩により、その常識も覆りつつあります。

肝臓がんに用いられる化学療法には、全身化学療法と動注化学療法の2つがあります。

全身化学療法

全身化学療法は、静脈注射や点滴などで全身に抗がん剤を巡らせる治療法です。
従来は、肝臓がんにはあまり効果がなく、転移した肝臓がんを攻撃するのに使われていました。

しかし、2009年から保険適用となった「ソラフェニブ」という分子標的治療薬によって、
肝臓がんを的確に攻撃できるようになりました。
分子標的治療薬は、がん細胞のみが持つ受容体やタンパク質に対して作用するので、
健康な細胞への副作用が小さく、がん細胞を攻撃することができます。

動注化学療法

対して動注化学療法は、肝臓に直接抗がん剤を注入するという方法です。

太ももの付け根から肝動脈まで、カテーテルという管を挿しこんでいき、抗がん剤を注入します。
これによって患部に集中的に抗がん剤を注入できるので、投与する量が少なく、副作用も小さくて済みます。

インターフェロン

抗がん剤と併用することで、大きな効果を生むとされているのがインターフェロンです。
インターフェロンは、動物の体内に異物が侵入したときに、細胞が作り出すタンパク質になります。

このインターフェロンを筋肉注射することで、がんが小さくなる、消失するという効果が見られました。
その具体的なメカニズムは未だ明らかになっていませんが、
インターフェロンががん細胞の増殖を抑えているものと考えられています。

抗がん剤やインターフェロンの副作用

ただし、これらの化学療法には副作用があります。抗がん剤の系統別に副作用をまとめてみました。

5-FU系…
食欲不振や嘔吐、下痢や倦怠感、消化性潰瘍、口腔内潰瘍、骨髄抑制、ビリルビン上昇など

■白金系薬剤…
好中球減少、血小板減少、悪心や嘔吐、消化器症状、腎障害など

■アントラサイクリン系薬剤…
脱毛、好中球減少、消化器症状、粘膜炎、敗血症、心機能低下など

■エトポシド…
脱毛、嘔気、好中球減少、血小板減少

■分子標的薬…
手足症候群、皮疹、脱毛、食欲不振、悪心、嘔吐などの消化器症状、高血圧など

化学療法において、副作用は避けて通れないもの。早くから対処することで、副作用と上手に付き合っていく必要があります。

肝臓がんの標準治療と代替医療について

日本のがんの医療現場における補完代替医療の利用実態調査(2005年発表)によると、44.6%のがん患者が、補完代替医療を利用していることが明らかとなっています。 代替医療は、標準治療ができない場合でも取り入れることができますし、抗がん剤治療などの副作用を軽減したり、治療中や予後における生活の質(QOL、クオリティ・オブ・ライフ)の向上を期待できるのです。

一方、代替医療の中には、信頼できる裏付けがなく、効果の根拠に乏しいものもあるので注意が必要です。このサイトでは、肝臓がん対策に用いられる主な代替医療の特徴や体験談のほか、代替医療の中でも圧倒的に多く用いられる「健康食品」の成分についてエビデンス調査をまとめています。

代表的な補完代替医療

本サイトで紹介している主な代替医療は、以下の通りです。

  • 健康食品・サプリメント
  • 食事療法
  • 漢方
  • 免疫治療 など

代替医療について、効果や口コミ・評価を知りたい人は、以下を確認してください。

代替医療の体験談を詳しく見る

肝臓がんと抗がん剤・インターフェロンに関する体験談

発熱があったものの、吐き気などの副作用は今のところは大丈夫

匿名(男性)

◆2009年4月20日(月)   再入院12日目(抗がん剤治療1クール目)

 再入院(抗がん剤治療)12日目。

肝動注が始まってちょうど1週間。

 最初のインターフェロン注射で発熱があったものの、吐き気などの副作用は今のところは大丈夫。

少し口内炎が出てきた。

◆2009年4月21日(火)    再入院13日目(抗がん剤治療1クール目)

 昨日、インターフェロン注射を行い、夜にロキソプロフェンを飲まなかったところ、熱が上がったため19時ごろには寝た。

6:40  35.8

9:45  36.0

14:17  35.8

18:05  36.8

19:00  37.2 就寝

20:00  38.6

21:01  38.6

0:00  38.6

4:50  38.1

6:19  38.2 ロキソプロフェンを飲む

7:07  37.1

8:00  35.6

8:55  35.6

インターフェロン注射の30分前と18時頃にロキソプロフェンを飲むのが良さそう。

口内炎が痛くなり、昨日と今晩の夕食は完食できず。

口腔用軟膏を出してもらって塗る。

◆2009年4月23日(木)    再入院15日目(抗がん剤治療1クール目)

 再入院15日目。

今日も良い天気で、富士山の6合目あたりから頂上までが見えた。

 昨日はインターフェロン注射だったが、11時に注射をして11:56で37.9℃で熱は落ち着いてきた。

10:10  37.0

11:07  36.4 インターフェロン注射、ロキソプロフェン

11:56  37.9

14:12  36.4

16:02  37.1

17:47  36.0

19:19  37.3 ロキソプロフェン

20:37  37.0

引用元:「闘病の経過」のブログ記事一覧-勇気を持って明るく「生きる」! -B型肝炎ウィルスキャリアの肝臓がん闘病記

注射してから5日経ちますがまだまだ熱が下がりません

shimikenさん

 注射してから5日経ちますがまだまだ熱が下がりません。

インターフェロンの主な副作用は、発熱ですが薬に慣れてくるとあまり熱が出なくなったりもするのですが、少量投与に変えてから、注射後1週間は発熱するようになりました。

今まで、なんともなかったのに不思議です。

まぁ、副作用のない薬は効いていないとも聞きますので、これはこれで良い兆候なのだと納得しています。

さりとて、ウィルス量はあまり下がらないのですが・・・

 このインターフェロンの副作用は他にも、貧血、不眠、うつ、脱毛、間質性肺炎等軽いものから重いものまでいろいろあるようです。

不眠とかうつは結構つらいものがありました。

今はそのような副作用はないのですが。

インターフェロン投与中に間質性肺炎も起こしたことがあります。

ただ、それは骨髄移植を受けて8ヶ月目くらいだったので、それが原因じゃないかと思います。

 まぁいろんな副作用のくじの中では発熱はまだ軽いほうだと思います。

肝硬変に対するインターフェロンの少量投与でどのくらいの肝臓ガン発生の抑止力になっているかは分からないのですが、そういう発表もあるようですのでまぁ効いているんでしょう。

CRとかは無理と思っていますが、今時分のできる治療ではベストな選択を、主治医の先生はしてくれていると思っています。

 仕事も、続けていけていますし今後も何かおもしろいことやってやろうという気持ちです。

もう人に遠慮する時期は過ぎただろうと勝手に思わせてもらおうと・・・・w

 長丁場かもしれないし、あっという間かもしれませんが残り人生Enjoyしたいです!

引用元:インターフェロン | 肝臓ガンをしばっきゃげる!!

頑張らないで頑張ろう

でんぐりさん

明日からインターフェロンと抗がん剤の併用投与が始まる。

期間は2週間。

頑張らないで頑張ろう。

引用元:肝臓日記

GPTだけは良くなっている

匿名

白血球2.30 血小板7万2千 好中球1.09いずれも中止基準すれすれ。

ただGPTだけが27とこれだけは好転。

強力ミノでも改善しなかったGPTだけは良くなっている。

副作用は倦怠感 ヤセ 脱毛 発熱 食欲不振 なんでもありだが 癌になるのを遅らせるにはおれにはこれしかない。

我慢して治療継続しようと思う。

引用元:c型肝炎から肝臓癌へ/ウェブリブログ

食欲も落ち、見て明らかな疲労感があった

わさびさん

インターフェロン投与の入院を経て

近くの病院の通院へ切り替わった。

インターフェロンとは

肝炎治療のスタンダードではあるけれど、効果のほどは人によって様々なようだ。

通院先の病院で、インターフェロンの効果はあまりなかったことを聞かされた。

全くではないけれど…といったところ。

少し間を空けて続けますか?

と聞かれる。

そのときはもちろん、はい!と答えた。

でも、インターフェロンは父には合わないのか

食欲も落ち、見て明らかな疲労感があった。

そういったわけで、インターフェロン投与は中止となった。

今後は服薬や点滴での治療のために通院することになった。

初回に1ヶ月分出された薬をみて

驚く

え…こんなに?!?!?!って量。

毎日、毎食後、

6錠~8錠の薬を飲むのだ。

小分け袋を買ってきて、朝昼夜と書いた袋に一回分ずつを振り分けた。

そうでもしないと飲み忘れが起こってしまいそうだからだ

父は、ややうんざりしていたけれど

色々諦めがついたようで(笑)

ちゃんと飲むよ、と言ってくれた。

インターフェロンやめたら

食欲も戻りつつあった。

減塩、を心掛けての食事。

うちにあるお醤油やらなんやら、調味料はほぼ全て減塩表示のものに変わった。

お醤油やお味噌などを控えるために

ちょっと出汁を濃くしたりして。

試行錯誤の毎日だった。

あまり減塩!減塩!を毎食続けると

父のテンションが下がっていくのが…そりゃあもうわかりやすいのだ(笑)

必要な食事が過度なストレスにならないように。

この気遣いも大変重要なものだ。

通院日は

今日もまた待たされるんだろうなぁと

憂鬱だったらしい(笑)

病院というのは いつの日もどこでも。

待たされるものなんだなーと…。

点滴、服薬の通院は

病院嫌いな父にしてはとても真面目だった。

元々、なるようになれ!的な性格なところがあるので心配だったのだ。

大量の薬の管理をしたり

減塩食事の気遣いと

母も大変だっただろう。

この頃、やめたインターフェロンの副作用と思われる症状が出ていた。

昼夜逆転。

夜、眠れないらしい。

横になっていても落ち着かなく

ソファーへ移動したり、ベッドに戻ったり。

夜中に母とドライブに出掛けたこともあったそうだ。

引用元:④通院の日々 | 父の話~肝臓がんの父を送るまで~

今日から1週間インターフェロンの副作用である発熱と戦わないと

shimikenさん

 さて、今日は2週間に1度の診察日にて採決、診察、インターフェロンの注射にいってきました。

昨日の続きはまた次回にします。

 少し病院に着くのが遅れたため駐車場に駐車できず、30分程待ちました。

そして、採血を受けました。

 今日は、月初めの診察のためにAFP等各種腫瘍マーカーの検査もあり試験管6本の採血でした。

看護師さんが、気持ち悪くないですかー?wと聞くので、失血しておりますと答えておきました。

(意味不明)

 さて、診察室へ。

今日は待ち時間も読み通りで採血後40分で呼ばれました。

いあー早いね!

検査結果は、主だった所で、Hb9.0(再検!)、PLT6.1(再検!)、AFP42となってました。

いつもはヘモグロビンも血小板ももっと少ないので、この人今日は多過ぎる!!!って意味で再検査というコメントがついてます。

これでも正常値からみれば随分少ないんですけどねww(正常値Hb14~18、PLT10~40くらい?ちなみにAFPは8まで)

 で、先生のコメントはまぁ横倍って感じということでした。

後は、次のエコー、MRIでちょっと覚悟してねみたいな軽い脅迫?wをされました。

すでに2つ怪しい部分を指摘されているのでそのことで言われ続けています。

他にも話をしたのですがそれはまたの機会にお話します。

 そして、インターフェロンを注射して帰りました。

11月6日にMRIとかするんですけど、もう一ヶ月切ってますね。

仕事もそろそろ忙しくなってきますので、お客様に迷惑かけないかちょっと心配です。

それに、今のうちに何か楽しい事もやっておかないと、入院してとか言われると凹みますのでエネルギーを充填しておかないと。

さて、今日から1週間インターフェロンの副作用である発熱と戦わないと。

これも結構きついかな。

もう慣れましたけど。

 ではでは!

引用元:今日は診察日 | 肝臓ガンをしばっきゃげる!!