肝臓がんを治したい・改善したい人のための情報サイト

遺伝子治療

遺伝子治療は、正常細胞に負担をかけずに、がん細胞の遺伝子に作用する新しい治療法です。化学療法、放射線治療などほかの治療と併用することで、相乗効果が期待できるとされています。遺伝子治療の特徴やメリット・デメリットなどをまとめています。

高い治療効果を発揮する遺伝子治療とは?

遺伝子治療は、正常な細胞に悪い影響を与えることなく、全身のがん細胞に働きかける治療方法です。

早期にがんを発見した場合、遺伝子治療のみで治癒が期待できるとされています。一方、進行してしまったがんに対しては、抗がん剤や手術などの治療方法と併用することが可能。手術範囲の縮小や、抗がん剤の副作用を抑制する効果も期待されています。

外科治療・放射線治療・化学療法の三大がん治療に比べて治療実績はまだ少ない治療法ですが、近年では大学病院などで多くの治験が実施され、最新のがん治療として注目を集めています。

遺伝子治療のメリット・デメリット

ここでは、遺伝子治療のメリット・デメリットについて紹介します。

メリット

注射や点滴でがん抑制遺伝子を体内に取り入れる遺伝子治療。副作用はほとんどないと言われています。また、外科治療のようにメスを使用して手術するわけではないので切除痕が残ることはなく、感染症や縫合不全による合併症を招くこともありません。麻酔をかけずに治療できるため、体力のない方でも治療が可能。通院のみで治療が受けられます。

デメリット

デメリットとして挙げられるのは費用面です。遺伝子治療を受ける場合、自由診療となるため保険の適用外となります。そのため、治療費を自己負担する必要があるのです。また、クリニックのなかには一昔前のがん抑制遺伝子を使うところや、高額に治療費を請求するところもあるので注意しましょう。

遺伝子治療の費用

遺伝子治療を行なっているクリニックの治療相場は、1クールで100~300万円ほど。保険の適用外となるため、金銭面での負担が大きくなります。しかし、今後遺伝子治療の効果が確立されていけば、保険が適用される可能性があります。

肝臓がんの標準治療と代替医療について

日本のがんの医療現場における補完代替医療の利用実態調査(2005年発表)によると、44.6%のがん患者が、補完代替医療を利用していることが明らかとなっています。 代替医療は、切除手術ができない場合でも取り入れることができますし、抗がん剤治療などの副作用を軽減したり、治療中や予後における生活の質(QOL、クオリティ・オブ・ライフ)の向上を期待できるのです。

一方、代替医療の中には、信頼できる裏付けがなく、効果の根拠に乏しいものもあるので注意が必要です。このサイトでは、肝臓がん対策に用いられる主な代替医療の特徴や体験談のほか、代替医療の中でも圧倒的に多く用いられる「健康食品」の成分についてエビデンス調査をまとめています。

代表的な補完代替医療

本サイトで紹介している主な代替医療は、以下の通りです。

  • 健康食品・サプリメント
  • 食事療法
  • 漢方
  • 免疫治療 など

代替医療について、効果や口コミ・評価を知りたい人は、以下を確認してください。

代替医療の体験談を詳しく見る