肝臓がんを治したい・改善したい人のための情報サイト

重粒子線治療

重粒子線治療は、がん病巣に向けてピンポイントで照射できる最先端の放射線治療法です。副作用が少なく、一度の照射で高い効果が期待できる点が特徴とされています。ここでは、重粒子線治療の内容や、治療におけるメリット・デメリットをまとめています。

副作用の少ないがん治療・重粒子線治療とは?

重粒子線治療は、がん組織に狙いをさだめて放射線を照射する肝臓がんの治療法です。

従来の放射線治療の場合、エックス線やガンマ線をがん腫瘍に照射したとしても、表皮に近い正常な細胞にまでダメージを与えていました。また、深層に進むにつれて効果が下がり、深部にある病巣へ十分にダメージを与えることができません。

一方、重粒子線治療は、ブラッグピークと言われる特性を利用して、がん腫瘍にピンポイントで放射線を照射することが可能とされています。ブラッグピークとは、体の表面では放射線量が弱く、がん病巣で放射線量がピークになる現象のこと。そのため、がん細胞にダメージを与えるだけでなく、正常な細胞へのダメージを少なくすることができるのです。そんな重粒子線治療は、陽子線やガンマ線、エックス線よりも線量集中性に優れ、がん細胞に対する殺傷効果が約2~3倍とされています。そのため、陽子線に比べ照射回数が少なく、治療期間を短くすることも可能と言われています。

重粒子線治療のメリット・デメリット

ここでは、重粒子線治療のメリット・デメリットについて紹介します。

メリット

重粒子線治療は、体の深いところにあるがん腫瘍に、十分な量の放射線を照射できることが大きなメリットといえます。また、周りの正常な細胞へのダメージを最大限抑えることができるため、副作用が少ないのも特徴です。

さらに、従来の放射線や陽子線治療に比べて、がん細胞に対して2~3倍の殺傷能力が期待されています。一度の照射で高い効果が得られるため、短い期間で治療することができます。体にメスを入れて治療することはないので、通院で治療が可能であり、体力のない方や高齢の方でも治療が受けられるとされています。

デメリット

肝臓がんへの高い効果が期待できる重粒子線治療ですが、公的保険の適用外となるため、治療費が全額自己負担になるのがデメリットと言えるでしょう。また、国内では重粒子線治療が受けられる施設が少ないのが現状です。治療が受けられる施設に通うとなると、治療費だけでなく交通費や食費なども負担する必要があります。

重粒子線治療の費用

治療費用としては、平均して300万円前後かかると言われています。

重粒子線治療は、国から高度先進医療として定められており、診察や検診、投薬、入院料などは健康保険の給付対象になります。しかし、先進医療にかかる技術は公的保険の適用外となるため、全額自己負担となってしまうのです。高額療養費制度の支給対象に該当しないため、負担する額の上限も定められていません。

ただし、先進医療特約がついたがん保険に加入している方の場合は、保険会社に治療費を負担してもらうことが可能です。

肝臓がんの標準治療と代替医療について

日本のがんの医療現場における補完代替医療の利用実態調査(2005年発表)によると、44.6%のがん患者が、補完代替医療を利用していることが明らかとなっています。 代替医療は、切除手術ができない場合でも取り入れることができますし、抗がん剤治療などの副作用を軽減したり、治療中や予後における生活の質(QOL、クオリティ・オブ・ライフ)の向上を期待できるのです。

一方、代替医療の中には、信頼できる裏付けがなく、効果の根拠に乏しいものもあるので注意が必要です。このサイトでは、肝臓がん対策に用いられる主な代替医療の特徴や体験談のほか、代替医療の中でも圧倒的に多く用いられる「健康食品」の成分についてエビデンス調査をまとめています。

代表的な補完代替医療

本サイトで紹介している主な代替医療は、以下の通りです。

  • 健康食品・サプリメント
  • 食事療法
  • 漢方
  • 免疫治療 など

代替医療について、効果や口コミ・評価を知りたい人は、以下を確認してください。

代替医療の体験談を詳しく見る

肝臓がんと重粒子線治療に関する体験談

事情が許せば医学的には選択肢の一つである

匿名

それでは先進治療の重粒子線治療はどうかと、こちらから聞いてみた。

すると、どの先生も、自分の所属病院ではできないし、保険外治療なので言及しなかったが、高齢、病歴、患部位置などを勘案すると、身体に優しい重粒子線治療は適切であり、保険が適用できないが、事情が許せば医学的には選択肢の一つである、との意見だった。

過去の手術、ラジオ波焼灼では身体へのダメージがかなり厳しかったことも考慮し、早速に重粒子線医科学センター病院に問い合わせ、受診した。

診断の結果、適用可能であるが、治療枠はいっぱいで、実施には1∼2ヶ月後になりそうということであった。

しかし、2回目に相談受診した際には、たまたま最近の治療枠の一つにキャンセルがあり治療枠が空いたので、今、決断すれば、待たずに施療ができます、とのことであった。

いろいろ思案したが、″渡りに舟″と、思い切って重粒子線治療に踏み切ることにした。

詳しくは次のエピソードに述べるが、この治療の施療後、腫瘍マーカーの数値は正常値まで減少し、腫瘍の大きさも月日の経過とともに縮小し、4年を経た現在では、CT画像上でその痕跡が見えないぐらいになっている。

有難いことに副作用は殆どなかったし、主治医によれば、重粒子線治療の経過は順調とのことである。

しいて難点と云えば、費用負担と治療効果の確認に時間がかかることである。

主治医によると、腫瘍マーカー値は逐月好転し、正常化しており、好ましい経過であるとのこと、CT画像上でも予想通りの所見ではあるが、患部の縮小には時間を要するので、治癒の確認には通常半年から1年を要し、状況によりさらに長い期間かかる場合もあるという。

引用元:「肝太郎の治療体験逸話集」ある肝炎・肝がん患者の30年治療物語(付録) | 千葉肝臓友の会

治療目前ギリギリの段階で中止を言い渡されたという

さん(男性)

約1年前 がんセンターで同室となった肝臓がんの患者さんと 先日の入院時バッタリ会った。

再会を喜び合うとともに どんな1年だったかを報告し合った。

1年前退院時に 家族や本人の希望もあり 重粒子線治療を受けてみようとおっしゃっていた。

その言葉通り 関西方面の病院に連絡を取り 準備を進めていたらしいのですが 照射位置の設定までという治療目前ギリギリの段階で中止を言い渡されたという。

治療前のCT撮影で 腫瘍の位置が判明しない?という よくわからない?理由でだ。

もちろん そんな簡単な理由ではないだろうけど 当人はそういう理解だという事が大事なわけで・・・。

先進医療で 保険外診療になるので 高級外車1台分と言われている巨額な治療費。

それでも治る見込みがあるならばと覚悟して行かれたでしょうに 結局 準備費用の10数万を払って帰ってきたそうだ。

何て酷なことをされたんだろう・・・・。

1年後の現在 肝臓内にがんが数個見つかり 塞栓治療を受けるための入院だということだったが・・・・。

せめてその治療がうまくいくようにと祈るばかりです。

先進医療の容赦ない壁。

受付段階で断られるものもあれば 治療目前ギリギリでまさかのキャンセルなんて!酷なこともあるのですね。

私が受けてるがんワクチンも 誰もが受けられるというものではなく やはり審査があって 条件をクリアしてそれが通って初めて受けられるものです。

各大学によって 異なるようで 久留米大は ハードルがいくらか低いかもしれません。

そのかわり 実費負担です。

これは はっきりいって痛い。

先ほどの患者さんも 現在の治療が上手くいかなければ がんワクチンも受けてみようと思うとおっしゃっていました。

そんなつらい経験があっても 新たな治療を求めてらっしゃることに 少し気持ちが救われた思いでした。

引用元:ある癌友さん・・重粒子線治療中止 ( その他の病気 ) - とっこの胆のうがん闘病記~後悔しないための延命治療 - Yahoo!ブログ

重粒子線がん治療は300万円もかける価値があるのか?

nao********さんさん

2年前に肝臓癌(ステージ2)になりました。

私たち家族は色々調べてラジオ波で焼く事を希望しましたが、その時の担当医が肝動脈塞栓法を強く勧めるのでしましたが

手術して退院する前に手術(部分切除)を進めてきま

した。

おかしいと思い肝動脈塞栓は失敗ですか?と聞くとこれだけじゃ十分ではないので切りましょうと言われ次の手術(部分切除)日まで決められて退院しました。

それから2年達、手術は成功してるのですが、また影が2つ出ました。

先生曰く癌の再発でしょうとの事で来週、MRI,とCTどちらも造影剤で検査するようです。

今回の質問は肝臓癌で重粒子線がん治療をされた方にこの治療について

効果があるのか? 300万円もかけて価値があるのか?教えていただきたく思いましたので投書しました。

宜しくお願い致します。

引用元:2年前に肝臓癌(ステージ2)になりました。私たち家族は色々調... - Yahoo!知恵袋