肝臓がんをあきらめない

肝臓がんをあきらめない

肝臓がんを治したい・改善したい人のための情報サイト

肝臓がんをあきらめない肝臓がんの主な治療方法マイクロ波凝固壊死療法(MCN)

マイクロ波凝固壊死療法(MCN)

肝臓癌の治療に用いられる局所両方のひとつ、マイクロ波凝固壊死療法(MCN)とはどのようなものか、まとめてみました。

肝臓がんの治療法・マイクロ波凝固壊死療法(MCN)

マイクロ波凝固壊死療法(MCN)は、電子レンジにも使われるマイクロ波を使って、高熱で癌細胞を凝固・死滅させる方法です。

マイクロ波凝固壊死療法とは

電子レンジは、マイクロ波を水の分子に当てることで振動させ、熱を発生させて温めるという仕組み。これを患部に対して行うことで、癌細胞を死滅させるのがマイクロ波凝固壊死療法です。

開腹、あるいは腹腔鏡を利用したり、超音波(エコー)をあてながら病巣を探しその場所へ肌から直接針を刺したりして、患部へ電極を刺しこみます。この電極からマイクロ波を発生させることで、直径2cmほどの範囲を凝固させることができます。

適用できる範囲はそれほど大きくないので、患部の小さい早期肝臓癌に有効な方法とされています。腫瘍が大きければ、数回の照射で治療をします。腫瘍が複数あった場合でも適応されます。

マイクロ波凝固壊死療法のメリット・デメリット

マイクロ波凝固壊死療法の最大のメリットは、肝臓の健康な部分を温存できる点です。患部にだけマイクロ波を照射するので、肝機能が悪くても治療が可能です。また、肝臓がんの数が多くても、複数回の照射によって治療が可能です。

切除手術は体にかかる負担が強く、患者の体力や癌の場所によって、切除が難しい場合があるので、比較的負担の少ないMCNのような局所療法が力を発揮します。手術による切開も最小限で済みます。

切除後に肝機能が低下した状態で、肝臓がんが再発した場合でも、マイクロ波凝固壊死療法は活用できます。

ただし、出血や腹水・胸水という合併症のリスクもないわけではありません。また、手術中に電極の温度が高まると、熱いと感じることもあるようです。治療を受ける前に、デメリットも確認しておく必要があります。

このページの上部へ ▲
肝臓がんをあきらめない