肝臓がんをあきらめない

肝臓がんをあきらめない

肝臓がんを治したい・改善したい人のための情報サイト

肝臓がんをあきらめない肝臓がんの主な治療方法経皮的エタノール注入療法(PEIT)

経皮的エタノール注入療法(PEIT)

肝臓癌の局所療法のひとつ、経皮的エタノール注入療法(PEIT)とはどんなものか、解説しています。

肝臓がんの治療法・経皮的エタノール注入療法(PEIT)

経皮的エタノール注入療法(PEIT)とは、肝臓癌の切除手術ができない場合に、局所的に治療を施して癌細胞を死滅させる手法です。

比較的安全で簡便な方法ですので、長い期間、肝臓がん治療において主流でしたが、近年、次々と新しい技術によって治療法が増え、活用される機会は減ってきています。

経皮的エタノール注入療法とは

超音波(エコー)をお腹にあてて、肝臓がんの場所を探し当てます。肝臓がんを見つけたら、お腹や胸から長い針を刺して、肝臓癌の患部へ到達させ、患部に100%のエタノールを注入させる方法です。エタノールはタンパク質を凝固させる作用があり、注入すると癌細胞のかたまり(結節)に浸透していきます。これによって癌細胞を死滅させることができます。

比較的患者の体への負担が小さく、大規模な手術でもないというメリットがあります。繰り返しの治療も可能なので、早期癌に対しては有効です。癌の直径が2~3cmで、数が3個以内の場合に利用できると言われています。3cm以上の大きい癌に対しては壊死率が下がってしまいます。

エタノールが腫瘍全体に行きわたらなかったり、超音波で見えない部分の治療は難しいという弱点があります。場合によっては、何度も繰り返し行わないと十分な効果が得られない場合もありますが、繰り返しエタノールを注入することで、癌細胞の壊死率はどんどん高まります。

長所と短所があるので、ほかの治療法と使い分けながら利用されます。

経皮的エタノール注入療法の費用

経皮的エタノール注入療法の費用は、全体で35万円ほどが目安。高額療養費制度を利用すれば、9万円ほどの負担で済みます。

負担が小さい治療法なので入院期間が比較的短く、治療全体の費用も癌治療としてはそれほど高額にはなりません。

このページの上部へ ▲
肝臓がんをあきらめない