肝臓がんを治したい・改善したい人のための情報サイト

放射線治療

肝臓がんの治療にも使われる、放射線治療やサイバーナイフについてまとめています。

肝臓がんの最先端・放射線治療

さまざまな部位のがん治療に利用されることの多い放射線治療ですが、
肝臓は放射線の影響を受けやすい臓器なので、比較的用いられることが少なくなっていました。

しかし医療技術の進歩に伴い、肝臓がん治療に用いられるケースも増えています。

新しい放射線治療とは?

放射線治療は、身体の外部からX線やγ線を当てることで、がん細胞を死滅させる方法。
近年はより高精度なピンポイント照射が可能な「陽子線」や「重粒子線」による治療も、注目を集めています。

しかしこれらの方法には、患部周辺の正常な組織にも影響を与えてしまうという弱点がありました。
こうした不安を解決に導いたのが、患部を的確に狙い撃ちできる「定位放射線治療」という技術。
もともとは脳の治療に使われてきた技術ですが、進化によって身体にも応用できるようになったのです。

なお肝臓がんの治療において、放射線治療の適応対象となるのは、それ以外の治療法が不可能な場合や、
高齢で体力に問題がある場合など。腫瘍は1つのみで、直径4cmぐらいまでの腫瘍に限られています。

サイバーナイフ

まだ肝臓がんには用いられていませんが、将来的に活用が期待されるのが、サイバーナイフです。
ガンマナイフなど、従来の定位放射線治療よりも制度が高いのが、大きな特徴です。
患部が動いても、コンピューターが追尾して正しく治療をするので、より正確な治療が可能になります。

しかも、入院せず通院によって、数日に分割して治療を行うことができます。
分割治療と高精度照射によって、病変患部が大きい場合でも治療が可能になりました。
現在は頭部や首の周辺に利用される技術ですが、将来的には肝臓がんなどへの利用が期待されています。

肝臓がんの標準治療と代替医療について

日本のがんの医療現場における補完代替医療の利用実態調査(2005年発表)によると、44.6%のがん患者が、補完代替医療を利用していることが明らかとなっています。 代替医療は、標準治療ができない場合でも取り入れることができますし、放射線治療などの副作用を軽減したり、治療中や予後における生活の質(QOL、クオリティ・オブ・ライフ)の向上を期待できるのです。

一方、代替医療の中には、信頼できる裏付けがなく、効果の根拠に乏しいものもあるので注意が必要です。このサイトでは、肝臓がん対策に用いられる主な代替医療の特徴や体験談のほか、代替医療の中でも圧倒的に多く用いられる「健康食品」の成分についてエビデンス調査をまとめています。

代表的な補完代替医療

本サイトで紹介している主な代替医療は、以下の通りです。

  • 健康食品・サプリメント
  • 食事療法
  • 漢方
  • 免疫治療 など

代替医療について、効果や口コミ・評価を知りたい人は、以下を確認してください。

代替医療の体験談を詳しく見る