肝臓がんをあきらめない

肝臓がんをあきらめない

肝臓がんを治したい・改善したい人のための情報サイト

肝臓がんをあきらめない肝臓がんの主な治療方法ラジオ波焼灼療法(RFA)

ラジオ波焼灼療法(RFA)

肝臓癌の治療に用いられる局所療法のひとつ、ラジオ波焼灼療法(RFA)についてまとめています。

肝臓癌の治療法・ラジオ波焼灼療法(RFA)

マイクロ波凝固壊死療法の普及に続いて、肝臓癌の局所療法のひとつとして用いられるようになったのがラジオ波焼灼療法。ラジオ波電流によって、患部を凝固させる手法です。

ラジオ波焼灼療法(RFA)の仕組み

ラジオ波焼灼療法は、まず皮膚の上から超音波(エコー)を当てながら癌を探し、幹部まで電極を差し込みます。あるいは開腹した状態で患部に電極を刺しこみ、ラジオ波という電流を流すという治療法。ラジオ波による熱で癌の患部を凝固させ、癌細胞を死滅させることができます。

切除手術などに比べて体への負担が小さいのが特徴。患部が小さければ30分ほどの治療で終わります。この治療法によって、肝臓癌を根治させることも可能です。

マイクロ波凝固壊死療法との違いは?

同じ原理を使ったものに、マイクロ波凝固壊死療法(MCN)が挙げられます。これに対してラジオ波焼灼療法は、一度の施術で効果のある範囲が大きく、少ない回数で治療が済むのがメリットです。

マイクロ波凝固壊死療法では、たとえば3cmの肝臓癌患部に対して2回の治療が必要でした。対して、ラジオ波焼灼療法は1回で済みます。

また、ラジオ波焼灼療法は合併症少ないという報告があります。まれに報告はありますが、全体の数パーセントと言われています。その優れた実績により、日本でも2004年から健康保険が適用されるようになりました。

ラジオ波焼灼療法のデメリットは、肝臓には負担が少ないものの、肝臓の近くにある臓器に影響してしまう可能性があります。

ラジオ波焼灼療法の費用

ラジオ波焼灼療法を受けるには、40万円ほどの費用が必要です。高額療養制度を利用すれば、9万円ほどだと考えられます。

負担の小さい治療法なので入院期間が短く、全体の治療費用も癌治療としては高額ではありません。

このページの上部へ ▲
肝臓がんをあきらめない