肝臓がんをあきらめない

肝臓がんをあきらめない

肝臓がんを治したい・改善したい人のための情報サイト

肝臓がんをあきらめない肝臓がんの主な治療方法補完代替医療

補完代替医療

肝臓がんの治療に用いられる、補完医療や代替医療について解説しています。

肝臓がんの治療に用いられる補完・代替医療

肝臓がんの治療は非常に難しく、いちばん確実とされる切除手術を行った場合でも5年生存率は50%を超える程度。これを乗り越えるためは、補完代替医療を用いることがあります。

補完・代替医療の必要性

肝臓がんを発症するほとんどのケースにおいて、原因はウイルス性肝炎による慢性肝炎や肝硬変であると考えられています。しかも肝臓がんは再発のリスクが高く、治療をしてもさらなる治療が必要になることも多いのです。

そこで、治療やがんによって低下した肝機能を改善し、免疫力を高め、再発を予防するために必要なのが保管・代替医療です。通常の医療は、がん細胞を死滅させるものなので、再発予防などには向かないのです。そのため、ほかの治療法が必要になるのです。

補完・代替医療の一例

では、肝臓がんの補完・代替医療にはどのような方法があるのでしょうか。

最初に挙げられるものとしては、漢方薬があります。抗腫瘍作用のある漢方薬を中心に、滋養強壮薬や肝機能改善薬などを組み合わせて服用します。これによってがん細胞の増殖を抑え、肝機能の改善を図りながら再発予防ができます。

漢方薬は、患者さんの症状や体力、体質に合わせてオーダーメイドのように生薬を配合されるものもありますので、自分に合った漢方薬を探せます。

また、サリドマイドCOX-2阻害剤キサントンアルテスネイト低用量ナルトレキソンなど、抗がん作用やがん細胞の活動の阻害作用をもつ薬品が用いられることもあります。

実際に代替医療を行った事例

漢方薬や、がん細胞を抑制する薬品だけでなく、代替医療にはさまざまなバリエーションがあります。このサイトでは、肝臓がんに対して代替医療が有効だった方の体験談を集めてみました。

代替医療にはどのような種類があり、どのような効果があるのでしょうか。ご興味のある方は、ぜひご一読ください。

肝臓がんの代替医療体験談はこちら

このページの上部へ ▲
肝臓がんをあきらめない