肝臓がんを治したい・改善したい人のための情報サイト

肝臓移植

肝臓がんの治療法のひとつ、肝臓移植の費用やリスクについてまとめました。

肝臓がんの治療法・生体肝移植の費用やリスクを知ろう

肝臓がんの治療法の中でも、費用・リスクともに大きいのが肝臓移植です。
どの方法をとっても肝臓がんの治療が難しい場合に、健康な肝臓を移植することで根治を目指す方法です。

以前はどうしても助からない小児肝臓がんなどに適用されていましたが、
技術の進歩や周囲の理解によって、適用される範囲が広がっています。
肝臓がん患者の増加や、肝臓がんの根治の可能性を理由に、以前より注目されるようになっているのです。

2種類の肝臓移植

肝臓移植には、脳死した方の肝臓をすべて摘出して移植する「脳死肝臓移植」と、
健康なドナーの肝臓の一部を摘出して移植する「生体肝移植」があります。

■脳死肝移植…
脳死肝移植の場合は、状態の良い肝臓を摘出・移植ができるという利点があります。
また肝臓のすべてを摘出するので、成人の移植治療に必要な大きさの肝臓が利用できるというメリットもあります。

■生体肝移植…
生体肝移植は、健康な成人の肝臓の一部を移植するもの。
健康な人にメスを入れることに対して賛否両論がありましたが、幼い命を救うために用いられるようになりました。
こちらは肝臓の一部の移植にとどまります。
成人の場合は治療に必要な大きさを確保できない可能性があり、予後が悪いこともあります。
子どもの移植手術の方が成績は良く、80%以上の成功例があります。

肝臓移植のリスク

他人の肝臓を移植するわけですから、リスクも決して小さくありません。

熟練した医師の手術であっても、合併症のリスクは必ずあります。
以前に比べると治癒率はかなり上がっていますが、合併症や予後不良の可能性は否定できません。
それを承知の上で、最後の手段として用いられるのが肝臓移植です。

肝臓移植の費用

2004年より、肝臓移植は保険診療が可能になりました。
3割負担の保険診療であれば、約200400万円の費用がかかると言われています。

肝がんが大きい場合や個数が多い場合は保険適用外となり、7001,200万円ほどの自費治療になると言われています。
特に生体肝移植は合併症の予防措置なども必要になり、数千万円にのぼる可能性があります。
そのため、リスク・費用ともに負担が大きい治療法と言えます。

肝臓がんの標準治療と代替医療について

日本のがんの医療現場における補完代替医療の利用実態調査(2005年発表)によると、44.6%のがん患者が、補完代替医療を利用していることが明らかとなっています。 代替医療は、肝臓移植ができない場合でも取り入れることができますし、抗がん剤治療などの副作用を軽減したり、治療中や予後における生活の質(QOL、クオリティ・オブ・ライフ)の向上を期待できるのです。

一方、代替医療の中には、信頼できる裏付けがなく、効果の根拠に乏しいものもあるので注意が必要です。このサイトでは、肝臓がん対策に用いられる主な代替医療の特徴や体験談のほか、代替医療の中でも圧倒的に多く用いられる「健康食品」の成分についてエビデンス調査をまとめています。

代表的な補完代替医療

本サイトで紹介している主な代替医療は、以下の通りです。

  • 健康食品・サプリメント
  • 食事療法
  • 漢方
  • 免疫治療 など

代替医療について、効果や口コミ・評価を知りたい人は、以下を確認してください。

代替医療の体験談を詳しく見る