肝臓がんを治したい・改善したい人のための情報サイト

肝臓がんと最新医療特集

肝臓がんのステージを生きる » 肝臓がんと最新医療特集

肝臓がんと闘うためには、治療や医療についての知識があるに越したことはありません。ここでは、肝臓がんに対する高度な専門性を有する名医が発表・解説したもののなかから、注目の記事をピックアップしてご紹介します。

肝臓がんの医療に関する注目記事ラインアップ

がん治療の基礎知識(出典:がんの先進医療)

肝臓がん治療の流れと、より適切な治療をうけるための基礎知識について解説した、高山忠利先生(日本大学医学部長・大学院医学研究科長・消化器外科教授)による記事です。
(解説:高山忠利先生/出典:がんの先進医療:http://gan-senshiniryo.jp/standard/post_1349)

記事の概要

肝臓がんのステージは、腫瘍の個数、大きさをはじめ、リンパ節転移の有無、遠隔転移の有無などによって分類されます。ただし、肝臓がんの治療方針を決定するのは「ステージ分類」だけではありません。肝臓の機能がどの程度損なわれているかを示す「肝障害度」も考慮されることになります。なぜなら、肝臓は人体にとって欠かすことのできない臓器のため、治療後に十分な肝機能が残されている必要があるからです。そのため、例えば腹水の有無によって、肝切除手術ができるかどうか、といった判断がされることになります。

記事のポイント

  1. 肝臓がん治療は、がんの進行度合いだけではなく、肝臓そのものの状態によって、慎重に選択される
  2. 肝臓がんは再発しやすいので、根治的な治療の後も、定期的な検査が必要になる
  3. 治療から治療後の検査まで、記事を読むことで基本的な流れをおさえることができる

記事を執筆・解説した先生

高山忠利先生(日本大学医学部長・大学院医学研究科長・消化器外科教授)。世界初の肝尾状葉単独切除に成功し、「高山術式」を確立。手術実績は、肝臓がんを筆頭に、胆道、膵臓など年間300例に及ぶ。

「がん治療の基礎知識」記事について詳しく読む

肝胆膵がんの治療選択(出典:がんサポート)

肝胆膵がんにおける治療特徴や専門性について解説した、島田和明先生(国立がん研究センター副院長・肝胆膵外科科長)による記事です。
(解説:島田和明先生/出典:がんサポート:https://gansupport.jp/article/cancer/liver/13829.html)

記事の概要

肝臓や胆道、膵臓などの部位に発症するがんを肝胆膵がんと呼んでいます。肝胆膵がんは、その臓器の特性から、治療には高度な技術が要求されます。その治療特徴と、各部位の主な治療方法を解説しています。

記事のポイント

  1. 肝胆膵がんは高いレベルの治療技術が必要とされる
  2. がんが発症した部位や患者の病態に沿った治療選択が重要
  3. 肝胆膵がんの治療方法をいくつか知ることで最善の方法を選択しやすくなる

記事を執筆・解説した先生

島田和明先生(国立がん研究センター副院長・肝胆膵外科科長)。京都府立医科大学を卒業後、東京警察病院や東京大学第2外科で研さんを積み、治療が難しいと言われている肝胆膵がん治療のスペシャリスト。

「肝胆膵がんの治療選択」記事について詳しく読む