肝臓がんを治したい・改善したい人のための情報サイト

肝臓がんの再発・転移を考える

肝臓がんのステージを生きる » 肝臓がんの再発・転移を考える

このカテゴリでは、再発予防の方法をはじめ、治療後の過ごし方、再発・転移した場合の治療法などをまとめました。肝臓がんは、再発率が高く、いったん治療が終了した患者の80%が、5年以内に再発すると言われています。こうした現状は、肝臓がんの死亡率の高さにも直結しています。このため早期発見で、治療が成功した人でも再発に対する取り組みが必要になるのです。

肝臓がんの再発とは

がんではない正常な細胞は、身体の状態に応じて他の細胞と入れ替わったり、身体に合わせてさまざまな機能を担ったりします。しかし、がん細胞はこのような仕組みを異常化させ、がん細胞を増やしたり、他の臓器へ移動したりしやすいなどの性質があります。

がんの再発や転移は、がんが発生している場所や大きさの他に、患者の状態やこれまでに受診した治療内容などさまざまな要因が影響しています。

再発のメカニズム

がんの再発のメカニズムは以下のようなものが考えられます。

  • 治療が成功したように見えたが、小さいがんが残っており再び現れる
  • 抗がん剤治療(薬物療法)や放射線治療で小さくなったがんが大きくなる

また、もともとがんが存在していて治療した臓器付近で再びがんが発見されることだけが再発ではなく、別の臓器へ転移して新しくがんが発見された場合も「再発」という扱いになります。転移は、がんが最初に発生した臓器からリンパ管や血管に侵入し、リンパの流れや血流によって他の器官や臓器に移動することです。肺や骨、脳、肝臓などの血液が多く流れている場所に転移することが多い傾向にあります。

再発への対応例

がんの再発については、がんの性質や種類、再発のしやすさ、治療経過などから、転移する可能性や転移する場所などを事前に予測し、対策することが可能です。

肝細胞がんのほとんどは、肝炎ウイルスによる肝硬変や慢性肝炎などが原因となっており、がんを治療したとしても高確率で肝臓内の他の場所で再発することが判明しています。そのため、肝細胞がんの治療が終わった後も、がんの再発状況と肝臓の状態を継続的に確認するようになっています。

がんの種類によって、転移や再発について早い段階で診断・治療したり、目に見えないほどの小さながんが存在するものと想定して転移や再発の可能性を少しでも減らすために治療を始めたりする場合もあります。しかし、がんの転移や再発は完璧に防ぐことはできません。転移や再発の予防治療については、治療後の体の状態やがんの状況に応じて医師と相談しながら治療方法を決めていくと良いでしょう。

根治や治癒ができない場合

がんがある程度進行した場合、根治できる可能性もありますが、困難な状況にいたって「がんの進行を少しでも抑える」「がんの影響で出る症状をなるべく和らげる」ことが、治療をするうえでの目標となるケースも多くあります。

「がんがもう治らない」ことを受け入れるのは、とてもつらいこと。最初にがんと診断を下されたとき、あるいはそれ以上のショックが押し寄せる場合もあるでしょう。そんな中でもこれからの治療について考えなくてはいけません。そのため、担当医や看護師はさまざまな面で大きな支えとなります。どのように治療を受けていくのか、今後どうやって過ごすのかは正解などありません。これからどのように過ごしていきたいのか、どのような生活を望んでいるのかで大きく変わっていきます。「家族と家で暮らしたい」「趣味に没頭したい」など、自分の気持ちを担当医に伝えることが重要。現在の治療やケアを行っている目的や効果を理解し、がんと向き合っていくことが大切です。

肝臓がんの緩和ケアについて

緩和ケアとは、QOL(クオリティ・オブ・ライフ:生活の質)をなるべく維持するため、がんによる体や心のさまざまな苦痛・症状を和らげて、自分らしく暮らしていけるようにする治療法のことです。緩和ケアはがんが進行してから行われるものではなく、がんと診断された時点から患者の必要に応じて行われます。また、入院や外来、在宅医療などを問わずに、緩和ケアを受けることが可能。肉体面以外にも精神的なつらさも踏まえて担当医へ伝え、より自分の気持ちを知ってもらうことが大切です。

いつ緩和ケアを受けるのか

緩和ケアの認識として、がんが進行した場合に受けるケアと誤解する患者や家族が多くいますが、がんと診断された段階で受けることが可能です。肉体的に現れる吐き気や痛みといった症状から、精神的に現れる孤独感や気分の落ち込みなどの心のつらさを感じた時点で、緩和ケアを受けたほうがいいでしょう。

緩和ケアを受けるには

緩和ケアを受けるには、緩和ケア病棟への入院や緩和ケア外来、在宅緩和ケアなどがあります。緩和ケア病棟は、緩和ケアに対応しているがん診療連携拠点病院という指定を受けた医療機関で受けることになります。

緩和ケアは、緩和ケアチームという専属担当によって治療が行われ、がん治療と同時並行で実施。緩和ケアチームが、担当医や看護師と協力し最善を尽くして体や心のつらさの治療を行っていきます。その他にも、がんと闘う人のサポートや患者の介護を行う家族のサポートまでしてくれます。

緩和ケア病棟

緩和ケア病棟は、がんの進行に伴う身体や精神的な症状によるがん治療が困難、もしくはがん治療を希望しない患者が対象となっています。一般病棟と緩和ケア病棟は以下の点で異なります。

  1. 身体と心の苦痛緩和を行ってくれる
  2. 苦痛を伴う検査や治療が少ない
  3. 患者や面会に来る家族がくつろげる環境がある
  4. 面会時間の制限がない

苦痛症状の緩和と同時に、外来や在宅でのケアに移行するための支援を行っています。また、患者の介護を行う家族の肉体面や精神面、疲労などを軽減するために、家族の短期入院も行っている施設もあります。

緩和ケア外来

緩和ケア外来は、通院中の患者を対象に病院内の緩和ケアチームが診療を実施。がん治療が一段落した後でも痛みやだるさなどが残ったり、病状の変化や普段の生活で不安に思ったりすることもあります。そのような患者の苦痛を軽減するために、定期的に通院したり、必要に応じて受診したりできるのです。

在宅緩和ケア

在宅緩和ケアは、自宅で施設と同じように緩和ケアを行うことが可能。「自宅が一番リラックスできる」という患者も多く、自宅での療養のほうが安心した気持ちを保てる場合もあります。のみ薬治療だけでなく注射などの設備が必要な治療も、自分の家で継続して治療してもらうことができます。

がんと上手に付き合う患者の体験例

体験談1:命があることに幸せを感じます

がんと宣告されて、最初は「死」を意識しました。がん治療を受けるべく、がんのことについていろいろと勉強。がんの闘病記などもたくさん読みました。そして「死を意識することは、今後どう生きていくのかを見つめること」だということに気が付きました。

一度は手術に成功しましたが、再発。幸いにも現在は症状が落ち着いています。

残りの限られた命をせいいっぱい生きようという前向きな気持ちは持っています。だからこそ日常で起こる些細なことにも感謝することができています。がんにならなかったら決して感じられなかったでしょう。

がんになった事実は変えることができません。それなら今までの自分の人生を見直す良い機会だと捉えた方が楽。もちろん、どのような治療法を選択するかで悩んだり、いざ治療が始まったらとてもつらかったりと、今後の人生がどうなるのか不安でたまりません。そんなときには、患者会などで同じ体験をしている人と分かち合うことで「自分ひとりだけが苦しいわけじゃないんだ」と思い、勇気が湧いてきます。

体験談2:情報収集することで気が楽に

大腸がんの手術を行ったあとに担当医から状況説明があり「リンパ節へのがん転移がみられた。遠隔転移の可能性がある。」と告げられました。遠隔転移を告げられて翌年に肝臓への転移が見つかり、その翌年には肺への転移が発覚。無事に切除治療を行い、化学療法を受けました。手術で入退院を繰り返しているうちに、痛みなどの症状を感じなくてもがんの転移や再発が進行するということを、身をもって体験することとなりました。

病状を知ることによる恐怖もありますが、自分の基礎知識を増やすことが不安を和らげるうえで大切だと思います。特に患者体験談を読んでいると参考になることがとても多くありました。

情報収集することで前向きにもなれましたし、私自身は予想以上に早く体調を回復できたと感じています。現在では再発や転移に関する書籍も多いので、医療者とより正確な意思疎通を図るためにも、基礎的な知識は手助けになると思います。

肝臓がんの再発を予防するには

肝臓がんが発覚した場合でも、初期段階であれば摘出手術などで、病巣を取り除くことができます。しかし、再発率の高さがこの病気の怖いところ。患者は病院での定期検診を続けながら、必要に応じて再発予防治療を受けることになります。その詳細を調べました。

肝臓がんの再発予防方法について詳しく見る

治療後の過ごし方

「できれば再発したくない」。そう考えるのは、どの患者も同じです。病院での治療を終え、日常生活に戻った後は、どのような点に注意しながら過ごしていくべきなのでしょうか?リサーチしていますので、ぜひ内容をチェックしてください。

肝臓がんの治療後・予後の過ごし方について詳しく見る

再発・転移した場合の治療法

気を付けていても、再発してしまうのが肝臓がん。その場合、どのような治療が適用されていくことになるのでしょうか?患者は再発の可能性に備え、知識を深めておく必要がありそうです。

肝臓がんが再発・転移した場合の治療法について詳しく見る

肝臓がん再発闘病記

実際に肝臓がんの再発に遭遇し、治療を行っている人は、どのような気持ちでどのような毎日を送っているのでしょうか?その闘病記をまとめていますので、同じような境遇にある人や、その家族の方はぜひ注目してください。

肝臓がんの再発闘病記について詳しく見る

肝臓がんの再発を予防するために知っておきたいこと

肝臓がんの再発率の高さは、その原因にあります。肝臓がんの原因の多くが、肝炎ウイルス感染に起因するものですが、がん治療では、腫瘍そのものを取り除くことができたとしても、ウイルスを除去したり、炎症を抑制することは困難なのです。

このため、がん治療でがんを完治したとしても、一定期間を経ると肝炎ウイルスの影響が関与し、再発を繰り返してしまうリスクがあります。肝炎ウイルスに対する代表的な治療としては、インターフェロン治療などの抗ウイルス療法が挙げられます。

慢性炎症の抑制によるがん予防の可能性

さらに現在、がん予防の新しい知見として注目されているのが、慢性炎症の抑制が、肝臓がんの再発予防につながるとの学説です。

がんと慢性炎症との間には、疫学的な関連性が知られてきました。肝臓がんの場合、C型肝炎ウイルス感染による慢性炎症の関与が知られます。そこで注目されているのが、免疫調整機能を持つ日本発の特許成分「米ぬか多糖体」の抗炎症作用です。

このサイトでは、がんに対する免疫向上・調整機能などが、さまざまな試験や報告で裏付けされている日本発の特許成分「米ぬか多糖体」を、注目成分として特集しています。

【注目特集】研究が進む日本発の特許成分
「米ぬか多糖体」のがんに対するエビデンス