肝臓がんを治したい・改善したい人のための情報サイト

再発・転移した場合の治療法

このページでは、肝臓がんの再発予防について調べています。

肝臓がんの再発と治療法

肝臓がんは、再発率が非常に高いことで知られています。いったん治療が終了しても、その後5年の間に再発する可能性は、80%にも及びます。肝臓がんが再発してしまう主な理由としては、以下などが挙げられます。

  • 肝炎ウイルスが、がん治療後も肝臓内に残っているため、またがん化してしまう。
  • 肝障害が残っている肝臓は、がん化しやすい。
  • 全摘出できない臓器だから。

肝臓がんが再発した場合は、再手術をはじめ、肝動脈化学塞栓療法や抗がん剤、放射線治療が適用されることになるでしょう。

肝内転移と治療法

肝臓には太い血管がいくつも通っています。そのため、いったん病巣を取り除いても、すでに肝臓内の他の場所へ転移しているのが、発見されることがあります。これも再発の一形態と言えるでしょう。

肝内転移は肝機能の急激な低下を招くため、定期的な検査を受けて状態を監視することが大切です。治療法としては、再発の場合と同じく摘出手術が検討され、難しい場合は局所療法や化学療法が適用されることとなります。

肝臓がんの再発を予防するために知っておきたいこと

肝臓がんの再発率の高さは、その原因にあります。肝臓がんの原因の多くが、肝炎ウイルス感染に起因するものですが、がん治療では、腫瘍そのものを取り除くことができたとしても、ウイルスを除去したり、炎症を抑制することは困難なのです。

このため、がん治療でがんを完治したとしても、一定期間を経ると肝炎ウイルスの影響が関与し、再発を繰り返してしまうリスクがあります。肝炎ウイルスに対する代表的な治療としては、インターフェロン治療などの抗ウイルス療法が挙げられます。

慢性炎症の抑制によるがん予防の可能性

さらに現在、がん予防の新しい知見として注目されているのが、慢性炎症の抑制が、肝臓がんの再発予防につながるとの学説です。

がんと慢性炎症との間には、疫学的な関連性が知られてきました。肝臓がんの場合、C型肝炎ウイルス感染による慢性炎症の関与が知られます。そこで注目されているのが、免疫調整機能を持つ日本発の特許成分「米ぬか多糖体」の抗炎症作用です。

このサイトでは、がんに対する免疫向上・調整機能などが、さまざまな試験や報告で裏付けされている日本発の特許成分「米ぬか多糖体」を、注目成分として特集しています。

【注目特集】研究が進む日本発の特許成分
「米ぬか多糖体」のがんに対するエビデンス