肝臓がんを治したい・改善したい人のための情報サイト

【ステージ別】肝臓がんの症状

肝臓がんのステージを生きる » 【ステージ別】肝臓がんの症状

このカテゴリでは、肝臓がんのステージについて、症状や治療法を解説しています。多くのがんには、病状の進行度合いによって「ステージ」と呼ばれる段階が定義されています。ステージ1が初期段階で、ステージの数字が上がるごとに重症化していると判断できます。

肝臓がんにおけるステージの種類

ステージによって、がんが治る可能性や再発の可能性を予測することができるので、治療方針の決定に使われます。肝臓がんの場合、ステージは3つの因子によって定められます。

因子の種類 条件
T因子

以下の条件に当てはまる数によってT因子が定まります。
1.腫瘍個数が単発
2.腫瘍径が2cm以下
3.脈管侵襲がない

N因子 リンパ節への転移の有無。
M因子 遠隔転移が認められるか否か。

この結果を受け、ステージは以下のように定義されます。

ステージ 当てはまるT因子の数 N因子とM因子
ステージ1 T因子がすべて当てはまる。 N因子にもM因子にも当てはまらない。
ステージ2 T因子のうち、2つ当てはまるものがある N因子にもM因子にも当てはまらない。
ステージ3 T因子のうち、1つだけ当てはまるものがある。 N因子にもM因子どちらか1つでも当てはまる。
ステージ4 T因子のうち、1つも当てはまるものがない。 N因子にもM因子どちらか1つでも当てはまる。

実際の診断は、それぞれの定義に加えて、肝機能の状態なども考慮したうえでステージが確定されます。このカテゴリでは、ステージごとの症状や治療法を解説しています。ステージの定義と合わせて、肝臓がんの理解に役立ててください。

ステージ1の症状や治療法

がんが小さく、転移が見られない状態

肝臓がんのステージ1は、腫瘍が1個、大きさが2cm以下で、転移が見られない状態。この段階では自覚症状が少なく、定期健診で見つかるケースがほとんどです。一方、5年生存率は54.6%と、決して高い数字ではありません。 治療方法としては、「切除手術」をはじめ、「エタノール注入」「ラジオ派焼却」といった局所療法が用いられます。

肝臓がんステージ1の症状や治療法を見る

初期の肝臓がん(ステージ1)に関するトピック

ステージ1の肝臓がんの方に知っておいてほしい、注目記事を集めました。早期発見の重要性や初期に見られる症状、現在と昔の生存率の違いなど、ぜひ参考にしてください。

トピック1:肝臓を知り早期発見

世田谷区保健センターが発行している健康情報誌「げんき人」に載っている記事です。肝臓は、新陳代謝が良い臓器である反面、異常に気づきにくいことから、重症化を引き起こす要因になっています。この記事では、そんな肝臓の症状を早期発見するための検査方法がまとめられています。

世田谷区保健センターとは?

健康づくりの支援やがん検診、脳ドック、特定保健指導などを行なっている公益財団法人。世田谷区の健康都市宣言を受け、施策の一環として建設されました。健康増進のための指導や疾病を早期発見し、予防するための検診・検査、健康相談などを行うのが目的です。

トピック2:肝臓がんの初期症状

肝臓がんに初期症状はあるのか?さらに、肝臓がんが進行するとどのような症状が出るのか?などが述べられています。肝臓がんの初期症状はほとんどなく、それ故に自覚しにくいので、ぜひこの記事を参考にして注意してください。

トピック3:これが本当の「ガン10年生存率」だ

肝臓がんは、5年を過ぎたときに再び暴れ出して命を脅かすことがあるとされています。ただし、今後の治療技術の進歩によって、10年後も生き延びる可能性は、より高くなると言えるようです。東京医科歯科大学特任教授の杉原医師による注目の記事です。

ステージ2の症状や治療法

転移がみられたり、腫瘍が広がりつつある

「少し転移しているが、腫瘍は広がっていない」、あるいは「腫瘍は広がっているが、転移していない」状態。自覚症状はまだ乏しいものの、人によっては食欲不振や全身の倦怠感を感じるケースがあります。この段階での5年生存率は43.1%です。 治療はステージ1と同様、適応があれば「切除手術」や「エタノール注入」「ラジオ派焼却」などが行われます。

肝臓がんステージ2の症状や治療法を見る

肝臓がんのステージ2に関するトピック

ステージ2の肝臓がんの方に知っておいてほしい、注目記事を集めました。がん治療体験談や生存率について、根治的治療についてなど、気になる情報をお届けします。

トピック1:初期の肝臓がん治療体験談

ステージ2などの初期段階では、症状を感じることなく進行してしまうケースも多い肝臓がん。こでは、早期の段階でがん治療を受けた方の声を、詳しくまとめた記事を紹介します。さまざまな治療法でがん細胞にアプローチする方法を参考にしてみてください。

トピック2:高齢者の肝臓がん手術

高齢者の場合、条件や方針によって、5年生存率が大きく変わってくるケースがあるのはご存知でしょうか。身体的負担が大きい場合、治療の選択肢が限られることによって、生存率が変化するという統計があります。ここでは、高齢者の肝臓がんの治療事情と生存率についての記事を紹介しています。

トピック3:肝臓がんの根治的治療

肝臓がんは初期段階であれば、メスをしないラジオ波焼灼療法(RFA)や肝移植といった治療方法があります。ここでは、初期の肝臓がん治療について詳しく紹介されている記事についてまとめてみました。

ステージ3の症状や治療法

腹水や黄疸などの合併症があらわれる

腫瘍が筋肉の層などを越えて広がっている状態。この段階になると、5年生存率は24.8%になり、腹部に水がたまる「腹水」や、肌や目などが黄色く濁る「黄疸」などの合併症があらわれることがあります。 病巣の拡大が見られることから、治療においては医師から「手術が難しい」と宣告されることがあります。その場合、肝臓の動脈を塞ぎ、がん細胞への栄養を遮断する「肝動脈塞栓術」が使われます。

肝臓がんステージ3の症状や治療法を見る

肝臓がんのステージ3に関するトピック

ステージ3の肝臓がんの方に知っておいてほしい、注目記事を集めました。化学療法などを使った「ダウンステージング」について、肝転移した場合の生存率についてなど、気になる情報をお届けします。

トピック1:肝臓がんのダウンステージング

ステージ3でも切除を行なえる「ダウンステージング」について、久留米大学の教授である奥田康司先生にインタビューした記事です。方法や生存率などについて紹介しています。

がんを小さくするダウンステージング

自覚症状が出たときにはすでに重症になっていることが多い肝臓がん。ステージ3では、がん細胞が大きくなっており切除が難しい状況になっています。

「ダウンステージング」を行なえば、化学療法などでがんを小さくし、切り取れる状態になるそう。 がんの近く、あるいは肝動脈から抗がん剤を注入し、がんを小さくさせたり、死滅させたりします。

肝臓がんにダウンステージングを施してから切除した例では、5年生存率は61.3%、そうでない例では16.5%と大きな差が出ました。ここまで差がでたのは、ダウンステージングに生存期間を延ばす効果があるからでしょう。

奥田康司先生とは?

久留米大学肝胆膵部門の教授である奥田先生。肝臓がん治療実績は全国平均を大きく上回り、世界でもトップレベルと言われる肝臓がん治療の名医です。諦めずに治療をすることが大切という想いを持ちながら、25年以上の進行性の肝臓がん治療を担当しているのが印象的です。

トピック2:大腸がんが肝転移したときの生存率や自覚症状について

高齢者の場合、条件や方針によって、5年生存率が大きく変わってくるケースがあるのはご存知でしょうか。身体的負担が大きい場合、治療の選択肢が限られることによって、生存率が変化するという統計があります。ここでは、高齢者の肝臓がんの治療事情と生存率についての記事を紹介しています。

肝臓がんには、原発性がんと転移性がんがあります。転移性がんのほとんどは大腸がんからの転移。この記事では、大腸がんが肝転移した際の症状・生存率について述べています。

大腸がんからの肝転移の生存率は向上している

もともと大腸がんは、他の臓器に転移してしまう可能性が高い病気で、中でも最も転移しやすいのが肝臓なのです。肝臓がんの5年生存率は、肝切除を施した場合だと、1980年代は30%以下で2017年は40~50%と上昇傾向にあります。

肝臓がんは自覚症状がほとんどない病気ですが、他のがんから転移した時も同じで、判断が困難です。黄疸が出た場合は、肝臓の状態がかなり悪いので要注意。定期的な精密検査をし、肝転移を早期発見しましょう。

枝元良広先生とは?

国立国際医療研究センター病院の肝胆膵外科医長である枝元先生は、年間手術数1,000件以上の高度な医療を施こしている実績のある名医。専門の肝胆膵(かんたんすい)外科疾患や腹壁疾患においては、いかなる時でも患者のことを第一に考えた治療を実施しているそうです。

トピック3:転移性肝がん(肝転移)とは

肝臓がんは初期段階であれば、メスをしないラジオ波焼灼療法(RFA)や肝移植といった治療方法があります。ここでは、初期の肝臓がん治療について詳しく紹介されている記事についてまとめてみました。

普通の肝臓がんと転移性の肝臓がんの違い、他のがんが再発したときに発見しやすい理由などについて秋田大学の山本先生が解説したインタビュー記事です。

転移性肝がんの特徴

がんが肝臓に転移しやすいのは、血液にのってがん細胞が流れてくる、あるいは肝臓と関連性の高い臓器のがん細胞が流れ着くから。がん細胞が肝臓で増殖・定着しやすいかどうかは、転移元のがん細胞と肝臓との相性が大きなポイントです。

胃がんより大腸がんのほうが転移しやすいのは、大腸がんのほうが肝臓の細胞と相性が良いからだと考えられています。

がんが発見されると、がんの位置・範囲を調べるためにCT検査を行ないます。その際肝転移が起きていても、がん細胞がCTに映らないほど小さく、見逃してしまうことも。その結果、他がんの治療のみが行なわれ、肝臓がんが大きくなってから初めて発見されるケースもあるそうです。

この記事を書いた山本雄造先生とは

秋田大学で消化器外科分野の教授である山本先生。肝臓・胆道・膵臓の疾患を専門としており、肝切除や胆道・膵臓の治療経験が豊富です。ほかの医師では治療できないような患者さんに対して、高難易度な手術を提供しています。

ステージ4の症状や治療法

複数の部位にがんが転移し手術が困難に

「腫瘍が臓器の壁を越えて血管などに広がっている」、あるいは「離れた臓器に転移している」状態。5年生存率は10%以下で、症状としては「腹水」や「黄疸」などの合併症があるほか、遠隔転移がある場合は吐血、呼吸困難などの苦痛を伴います。治療においては、原則として手術を行わないことがほとんどで「肝動脈塞栓術」や「化学療法」、症状によっては「放射線治療」などが行われます。

肝臓がんステージ4の症状や治療法を見る

ステージ4に関する注目記事ラインアップ

ステージ4の肝臓がんの方に知っておいてほしい、注目記事を集めました。肝臓がん末期の症状や過ごし方について、療養や緩和ケアについてなど、気になる情報をお届けします。

トピック1:肝臓癌ステージ4とは

肝臓がんのステージ4について、アタナハクリニック院長である矢崎先生が詳しく解説しているブログ記事です。自分や家族が肝臓がんステージ4と診断されたときに知りたい、症状・進行状況・余命について述べられています。

ステージ4の肝臓がんについて

がんが2個以上ある・血管の中に入り込んでいる・直径2cmを超えているという条件がそろった場合、肝臓がんステージ4と診断されます。そのほかに、肝機能の状態・腹水の有無といった体調面を合わせて総合的に決められています。肝臓がんステージ4の5年生存率はわずか9.4%。抗がん剤の効果を期待しづらいのが実情です。しかし、ステージ4だからといって、余命が明確に決まっているわけではありません。免疫力を向上することで、生存期間を延ばすことは可能です。

この記事の解説をした矢崎智子先生とは

アタナハクリニックの院長を勤める矢崎先生は、機能性医療の専門家です。「自然療法」と「直感医療」の第一人者として、キレーション療法・東洋医学(漢方や鍼灸)・サプリメント療法・食事療法・腸内環境改善などによる難病治療に従事。自然でかつ根本的な医療を追求しており、様々な療法に精通しています。

トピック2:肝臓がんのステージIV:症状や過ごし方について

医療専門記事をまとめたMEDLEYに掲載されている記事で、肝臓がんステージ4の症状や末期の過ごし方について記述されています。どんな症状から「末期」と言われるのか、モルヒネの使用や食事についても記載されているので、肝臓がんステージ4の大まかな情報を知りたい方におすすめです。

症状を抑える治療が主流になるステージ4

肝臓がんは肝機能を低下させる病気。そのため、肝庇護剤という肝機能を改善させる薬を使った治療が施されます。

治療中の痛みを抑えるため、モルヒネという鎮痛薬を使用。しかし、現状どのようにモルヒネを使用すべきか統一した見解がないため、肝臓の状態とモルヒネの副作用の両方を考慮しながら治療が行われています。

肝臓がんステージ4では、栄養ががんに奪われている状態です。そのため、栄養バランスを考えることが重要になってきます。一方で、腹水や浮腫の症状を緩和するために、水分・塩分を控えることも大切です。

トピック3:がんの療養と緩和ケア

国立がん研究センターのサイトに掲載されている、緩和ケアについての記事です。緩和ケアとは、重い病気をもつ患者や、その家族の心と身体のつらさを和らげてくれるもの。受けるべき時期や方法などについて詳しく記載されています。

緩和ケアはがんと診断されたときからスタート

緩和ケアは「がんが進行した状態で受けるべき」と思われがちですが、がんと診断されてから治療と一緒に行なわれることが多いです。がんと診断されると、治療による副作用だけでなく、心のつらさもありストレスを感じてしまうもの。緩和ケアでは医学的な側面だけでなく、患者のメンタルケアや家族のサポートを行なっています。また、痛みを我慢することは、不眠や食欲不振など心身に大きな影響を及ぼします。痛みの状況を把握して医師と共有するようにしましょう。

この記事を執筆した国立がん研究センターとは

日本のがん治療や研究をけん引するという目的に、旧厚生省により創設された国立がん研究センター。「がんにならない、がんに負けない、がんと生きる社会」を目指している施設です。がん情報サービスでは、最新のがんに関する情報を提供し、患者や家族にわかりやすく紹介しています。

「ステージ分類」と合わせて検討される「肝障害度分類」

肝臓がんの進行度合いを評価した「ステージ分類」と合わせて、治療方針の策定に関わるのが「肝障害度分類」です。「肝障害度分類」とは、「肝機能がどのくらい保たれているか」を評価するもので、評価方法としては日本肝癌研究会がまとめた「肝障害度分類」と、欧米で主流となっている「Child-Pugh分類」の2つがあります。

肝障害度分類

肝障害度分類は、肝機能の状態によってA~Cの3段階に分けられます。

項目 A B C
腹水 なし 治療効果あり 治療効果少ない
血清ビリルビン値 2.0mg/dL未満 2.0~3.0mg/dL 3.0mg/dL
血清アルブミン 3.5mg/dL 3.0~3.5mg/dL 3.0mg/dL未満
ICG負荷試験値 15%未満 <15~40% 40%超
プロトロンビン活性値 80%超 50~80% 50%未満

Child-Pugh分類

欧米で用いられるChild-Pugh分類は、定められた項目のポイントを加算し、合計点によって、3段階で分類を行います。ポイントの合計が5~6点ならA、7~9点ならB、10~15点になるとCと評価されます。

項目 1点 2点 3点
肝性脳症 なし 軽度 時に昏睡
腹水 なし 少量 中等量
血清総ビリルビン値 2.0mg/dL未満 2.0~3.0mg/dL 3.0mg/dL
血清アルブミン 3.5mg/dL 2.8~3.5mg/dL 2.8mg/dL未満
プロトロンビン活性値 70%超 40~70% 40%未満

肝障害度分類ごとの治療法

2つの肝障害度分類のいずれかでA~Cに分類された後に適用される、治療法の概要です。

評価 手術 局所療法 抗がん剤/放射線
A 行わない
B 行わない
C × ×

肝障害度分類に応じて適用される治療法について詳しくは、以下のページを参考にしてください。

肝障害度分類に基づく治療法について詳しく見る

肝臓がんの治療について

ステージ1での自覚症状がほとんどないと言われる肝臓がん。気づいた時にはすでに転移しており、切除さえできないケースも少なくありません。しかし、標準治療をはじめ、それを補完する代替療法の研究も進んでおり、治療の望みは以前より大きいと言えます。このサイトでは、各種標準治療のほか、治療中や予後における生活の質(QOL)を高める効果が期待される代替医療について、詳しく解説しています。

代表的な標準治療

本サイトで紹介している主な標準治療は、以下の通りです。

  • 切除手術
  • 肝臓移植
  • 経皮的エタノール注入療法
  • 肝動脈塞栓療法 など

標準治療について、詳しい内容を知りたい方は以下を確認してください。

肝臓がんの標準治療について詳しく見る

代表的な補完代替医療

本サイトで紹介している主な代替医療は、以下の通りです。

  • 健康食品・サプリメント
  • 食事療法
  • 漢方
  • 免疫治療 など

代替医療について、効果や口コミ・評価を知りたい人は、以下を確認してください。

代替医療の体験談を詳しく見る