肝臓がんをあきらめない

肝臓がんをあきらめない

肝臓がんを治したい・改善したい人のための情報サイト

肝臓がんをあきらめない【ステージ別】肝臓がんの症状ステージ1

ステージ1

肝臓がんの初期段階、ステージ1における症状や治療法について解説しています。治療が難しい肝臓がんですが、5年生存率と再発率はどのくらいなのかについても触れていきます。

【肝臓がん】ステージ1の症状とその治療法

肝臓がんの比較的初期の段階である、ステージ1とはどんな状態なのでしょうか。その症状や、必要な治療法などを解説しています。

ステージ1とは?

肝臓がんのステージは、進行度を示すT因子と、リンパ節転移を示すN因子ほかの臓器への転移の有無を示すM因子によって決められます。

ステージ1の条件は、以下のようになっています。

  • T因子のうち、全てがあてはまる。(腫瘍個数が単発、腫瘍径が2cm以下、脈管侵襲がない)
  • N因子は、あてはまらない。(リンパ節への転移がない)
  • M因子は、あてはまらない。(遠隔転移がない)

ステージ1は初期段階にあたりますので、腫瘍の数が1つで、なおかつ小さい状態がステージ1になります。

ステージ1の生存率

肝臓がんステージ1の場合、5年生存率は54.6%と言われています。初期段階ではありますが、肝臓がんの治療はかなり難しく、ステージ1での発見でも約半数になります。

5年間生存した場合も、がんの治療に成功した場合だけではなく、引き続き治療中のケースも含まれています。

切除手術が可能だった場合は、5年生存率が70%と言われています。肝炎ウイルスによる肝硬変からの肝臓がんの場合は、非常に再発率が高いようです。

ステージ1の肝臓がんの治療法とは

ステージ1の段階では、切除手術エタノール注入ラジオ波焼灼といった局所両方が用いられます。

切除手術はがんをもっとも確実に取り除ける手術です。胆汁漏、肝不全といった後遺症への注意が必要です。がんが小さければ、がん細胞にエタノールを注入して死滅させたり、電極をがん細胞に差して100℃の熱で死滅させる方法があります。

治療後の補助療法は、今のところありません。治療後は、再発させないための努力が必要です。

    あなたに読んでほしいコンテンツ  
このページの上部へ ▲
肝臓がんをあきらめない