肝臓がんを治したい・改善したい人のための情報サイト

ステージ2の肝臓がん

肝臓がんステージ2の、症状や治療法をまとめているページです。

【肝臓がん】ステージ2の症状と治療法

肝臓がんのステージは、がんの進行度合(T因子)、リンパ節への転移(N因子)、
そして遠隔臓器への転移(M因子)の3つの因子によってステージが分けられます。
ステージ2は、以下のように定義されています。

  • T因子のうち、いずれか2つがあてはまる(腫瘍個数が1つ、腫瘍径が2cm以下、脈管侵襲がない)。
  • N因子は、あてはまらない(リンパ節への転移がない)。
  • M因子は、あてはまらない(遠隔転移がない)。

ステージ1よりも少し進行して、腫瘍が大きく広がってくるとステージ2と判断されます。

ステージ2の生存率

ステージ2における5年生存率は43.1%になり、生存の可能性は半分以下となっており、肝臓がんの治療の難しさを物語っています。

肝臓がんは自覚症状に乏しいため、発見が遅れることも多くなっています。
ただしこの段階では、人によって食欲不振や全身の倦怠感を感じることがあります。

ステージ2の治療法

ステージ1同様、切除手術やエタノール注入、ラジオ波焼灼などが行われます。

がんを確実に取り除けるのは切除手術なので、可能であれば切除を行います。
肝臓がんは手術の後でも、80%の確率で再発すると言われています。いかに再発を防ぐかが、切除後の課題となります。

また、がん細胞にエタノールを注入したり、電極をがん細胞に挿して焼いてしまうラジオ波焼灼といった局所治療も行われます。
ただしがんが3cmを超えると局所治療が難しいため、肝動脈にスポンジを詰めてがん細胞に栄養が届かないようにする、肝動脈塞栓術も利用されます。

肝臓がんの主な治療法を見る

【肝臓がん】ステージ2に関する注目記事をピックアップ

初期の肝臓がん治療体験談

ステージ2などの初期段階では、症状を感じることなく進行してしまうケースも多い肝臓がん。原因は、過度の喫煙や飲酒といわれており、進行度によって今後の生存率も変わってくるほどの大病です。その為、手術によってがんを摘出したり、薬を投入したりさまざまな治療法でがん細胞にアプローチする方法が採用されています。ここでは、実際にがん治療を受けた方の声について詳しくまとめた記事を紹介します。
(出典元:みんなの闘病記/http://minnanorecovery.com/肝臓がんを患った方の体験談)

記事の要約

  • ラジオ波焼灼でがん細胞を除去できた人もいる
  • 摘出手術と禁酒でがんの進行をとめた人の話し
  • 若い世代でもがんは発症する

記事のポイント

ラジオ波焼灼でがん細胞を除去した人の体験談

体に倦怠感を感じて、病院で診察を受けたら肝臓がんだと診断されたそうです。

初期段階なので、手術はせずに身体に負荷がかかりにくいラジオ波焼灼を採用。医師曰く、がん腫瘍の中に電流を流してがん細胞を死滅させる治療方法なので、小さいがんの治療にむいているとのことでした。

ラジオ治療によってがん細胞をすべて死滅させることができたのですが、これで治療完了ではありません。数年先に再発する可能性があるので、がんが大きくなったり転移したりする前に、定期的に診察を受けたほうが望ましいでしょう。

気付いたら大きな肝臓がんになっていた人の体験談

夏風邪が続いていると思い、病院で診察を受けたところ、急遽精密検査を受けることに。結果、重度の肝臓がんと診断されたそうです。かなり進行している状態でしたので、摘出手術になっています。

およそ8時間の手術で、70%近くの肝臓を摘出。手術後、ドクターの診察によると、肝臓がんに対して抗がん剤治療は効果がほとんどないとのことなので経過観察になりました。定期的に検査してお酒を断っているので、現在は良好です。

肝臓がんの恐ろしいところは、自覚症状がないまま進行してしまうところ。「気付いた時には遅かった」ということがないように、体調に異変を感じたら早めの受診を心がけてください。

30代で肝臓がんを発症した人の話し

会社の人間ドックで肝臓がんを発見。早期段階でしたので、入院する必要はなくラジオ派電流治療で病気を治しています。

早期発見なので、入院せずに週2回の通院で治療していくことに。初期段階だったので命に関わるほどの状態ではないですが、精神的に追い込まれたそうです。この場合、家族含め回りの人のサポートが必要になってくるといえるでしょう。

若い人でも、カロリーの高い食事や飲酒によって肝臓に負担を与えている方が多いそうです。「自分はまだまだ若いから大丈夫」と過信するのはやめましょう。

記事の総評

肝臓がんは、進行度によって治療方法が変わってきます。軽度の症状の場合は、体への負担が少ないラジオ派電流で治療。しかし、重度の場合は長時間におよぶ摘出手術が濃厚です。

自覚症状がなく進行していくのが特徴なので、体の異変を迅速に察知することが重要。「熱が長引いている」「風邪の初期症状がある」、少しでも体に違和感を覚えたら、早めに受診するようにしましょう。

高齢者の肝臓がん手術 方針の違いで5年生存率に大きな差が…

肝臓がん手術を受けた高齢者の場合、条件や方針によって5年生存率が大きく変わってくるとのこと。高齢者の場合、身体的負担が大きいためか本人が希望しないといったケースが多いそうです。結果、生存率に差が出てしまう可能性があります。ここでは、高齢者の肝臓がんでの生存率について記載された記事についてまとめています。

(出典元:AERA dot./https://dot.asahi.com/dot/2017022200125.html?page=1)

記事の要約

  • 高齢者の5年生存率が低くなる要因について
  • 高齢者の手術症例について
  • 手術するのは医師の判断による

記事のポイント

高齢者の5年生存率が低くなる要因とは

肝臓がんの手術を受けた方の5年生存率をまとめています。若年者が70.5%に対し、高齢者は44.4%と25%以上も低下する結果となりました。医師によると、手術自体に問題はなく、合併症も特に関係ないとのこと。生存率に差が出る決定的な要因は、本人の意思による可能性が濃厚だと推測されています。

再発が多いがんなので、複数回の治療や手術が必要になる可能性大。若年者は、再発しても再度手術できるが、高齢者の場合体への負担が大きくなるので手術ができない、または本人が希望しないことが多いです。結果、治療せずに放置してしまうため、生存率に差が出てきてしまうのです。

高齢者の手術症例について

静岡県立総合病院では、2015年から1年間にわたって肝臓がんの手術数を計測。150例の手術の内、75歳以上は68例ありました。症例の半分近くを高齢者が占めています。ただ誰でも手術をするわけではないとのこと。手術に向かない人もいるそうです。

独自の手術の基準を設けている

静岡県立総合病院の大場範行医師によると、高齢者の肝臓がんの手術をするか否かは、独特の判断基準があります。病気の進行度や合併症のリスク、本人が歩いて通院できる、家族のサポートがあるかといった条件を加味して判断。また、手術前に呼吸器科や循環器内科を受診してもらったうえでの判断を聞くとのこと。やはり、若年者の手術と比べて入念なチェックが必要になってくるといえるでしょう。

記事の総評

現在、肝臓がんの手術を受けている年齢層は全体の半分が高齢者。今後、超高齢化社会になっていく中で、症例数が増えてくることは火を見るよりも明らかです。人数過多により「手術を受けたくても受けられない」という高齢者が出てくる可能性もあるといえるでしょう。手術を受ける受けないに関わらず、肝臓がんと診断されたら、家族や周りのサポートは必須。手術を受ける前に根本的な病気の元である食生活や生活習慣から改善していくのが良いといえます。

肝臓がんの根治的治療

肝臓がんは初期段階であれば、メスをしないラジオ波焼灼療法(RFA)や肝移植といった治療方法があります。なかなか自分では気づきにくい病と言われていますが、早期発見で一命をとりとめる可能性もあります。ここでは、初期の肝臓がん治療について詳しく紹介されている記事についてまとめてみました。

(出典元:JR東京総合病院/https://www.jreast.co.jp/hospital/info/certified_cancertreatment/big5cancers4.html)

記事の要約

  • 深刻な症状ほど治療方法が限定される
  • 初期段階で選択されるのはラジオ波治療や外科手術
  • 定期健診により早期発見・早期治療を

記事のポイント

深刻な症状ほど治療方法が限定される

肝臓がんは、初期段階を対象とした治療方法があります。内科的療法として代表的なラジオ波焼灼療法(RFA)。外科治療としては、肝移植が一般的です。これらの治療法で、対処できない場合、肝動脈塞栓(そくせん)療法(TAE,TACE)、動注化学療法、放射線治療、抗がん剤といった治療法になります。肝臓がんの大きさや個数、状態を加味したうえで最適な方法を決定。ただし、症状が深刻なほど治療方法が限定されていき、体への負担が大きくなります。そのため、肝臓がんは早期の発見が重要になってくるでしょう。

初期段階で選択されるのはラジオ波治療や外科手術

初期段階の小さな肝臓癌に対して有効なラジオ波焼灼療法(RFA)があります。これは、髪の毛ほどの電極針を患部に入れて電気を流してがん細胞を除去する方法です。手術時間は2~3時間なので、鎮静剤と局所麻酔を用いた治療法になります。短時間で手術が完了するため、長期間入院する必要がほとんどありません。 ラジオ波焼灼療法(RFA)での治療が困難な場合は、直接患部を摘出する外科手術になります。切除方法に関して、腫瘍の場所や大きさによって判断し、手術後の肝臓の状態まで想定した綿密なシミュレーションが大切。症状によっては長時間の手術になるでしょう。

定期健診により早期発見・早期治療を

肝臓がんの80%以上は、慢性肝炎や肝硬変といった肝臓病からの発症です。他にも、アルコール性肝疾患、原発性胆汁性肝硬変症など生活習慣病からなる症状もあるのが特徴。いずれのケースも初期症状がほとんどないので、自分で気付きにくいという危険があります。そのため、日頃から肝臓を気にかけてあげることが大切です。万が一、肝硬変や慢性肝炎になってしまったら、定期的に通院し、肝臓がんにまで進行させないように治療を続けていくことが大切といえます。

記事の総評

肝臓がんの治療には、初期段階であれば身体的負担が少ないラジオ波焼灼療法や肝移植による治療があります。最近では、2009年より開始した化学療法も新しく発足。従来の治療法による改善傾向がみられない患者向けに治療を行なっているそうです。いずれにせよ、症状が深刻化することで治療法も変わってきます。なるべく早期の治療で収まるように、定期受診を心がけましょう。

記事を執筆・解説した病院

JR東京総合病院

JR東京総合病院は、呼吸器内科や脳神経外科といった診療科から、呼吸器科や循環器、整形外科といった専門外来まで対応している総合病院です。院内にはがん相談支援窓口を設けており、がん患者特有の悩みの相談に乗ってくれるでしょう。無料で平日16時まで受け付けているので、気軽に行きやすいといえるのではないでしょうか。定期的に研究や研修を続けており、知識や技術の向上に余念がないといえます。

肝臓がんの標準治療と補完代替医療について

肝臓がんのステージ3になると、合併症により切除手術できないケースも少なくありません。しかし、標準治療をはじめ、それを補完する代替療法の研究も進んでおり、治療の望みは以前より大きいと言えます。このサイトでは、肝臓がんに対する各種標準治療のほか、標準治療を補完し、治療中や予後における生活の質(QOL)を高める効果が期待される代替医療について、詳しく解説しています。

代表的な補完代替医療

本サイトで紹介している主な代替医療は、以下の通りです。

代替医療について、効果や口コミ・評価を知りたい人は、以下を確認してください。

代替医療の体験談を詳しく見る

健康食品成分・サプリメントの注意点

「がんの医療現場における補完代替医療の利用実態調査」(2005年発表)によると、がん患者が利用している補完代替医療の中でも、圧倒的に多いのが「健康食品」の使用であり、実に96%以上を占めています。

しかし、数ある健康食品・サプリメントの中には、信頼できる裏付け(エビデンス・データや、臨床報告など)に乏しいものもあるのが現状。患者としては、できれば医師と相談のうえで、科学的根拠に基づいた選択に留意する必要があります。

このサイトでは、肝臓がん対策によく用いられる健康食品成分のエビデンスを調査してまとめていますので、参考にしてください。

肝臓がん対策に用いられる主な健康食品成分のエビデンスまとめを見る