肝臓がんをあきらめない

肝臓がんをあきらめない

肝臓がんを治したい・改善したい人のための情報サイト

肝臓がんをあきらめない【ステージ別】肝臓がんの症状ステージ3

ステージ3

肝臓がんの後期にあたる、ステージ3の定義や治療法、余命や生存率についてデータを集めてみました。

【肝臓がん】ステージ3の症状や治療法とは

肝臓がんのステージの後期にあたる、ステージ3。この段階までくると、肝臓がんがかなり進行してしまっています。

では、具体的にどのような症状があり、治療法は何が用いられるのでしょうか。

ステージ3の定義

肝臓がんの定義は、T因子、N因子、N因子と呼ばれる3つの因子の状態で定義されます。ステージ3の定義は以下のようになっています。

  • T因子のうち、いずれか1つがあてはまる。(腫瘍個数が単発、腫瘍径が2cm以下、脈管侵襲がない)
  • N因子は、あてはまらない。(リンパ節への転移がない)
  • M因子は、あてはまらない。(遠隔転移がない)

※T因子が複数あてはまったとしても(腫瘍自体の進行が軽度でも)、N因子があてはまるとステージ3になります。つまり、腫瘍の大きさに関わらず、リンパ節へ転移するとステージ3になります。

ステージ3の生存率

がんについては、ステージごとに余命の目安があるわけではありません。その代わりに、5年生存率というものが使われます。

ステージ3の5年生存率について、1997~2000年に初回入院した方の症例から計算すると、24.8%となっています。ステージ3まで進行してしまうと、5年間生存できる確率が4分の1ということになります。肝臓がんは再発率が高く、生存も非常に難しいのです。

また、ステージ3まで進行すると、腹水黄疸などの症状が現れることもあります。

ステージ3の治療法

まず、可能なかぎり行われるのが切除手術です。これが難しい場合は、肝臓の動脈にゼラチンスポンジを詰めて、がん細胞への栄養を遮断する、肝動脈塞栓術という方法が使われます。

肝臓がんは再発率が高く、また再発を繰り返すうちに肝動脈以外から栄養を摂るようになり、治療効果が弱まってしまうこともあります。そのため、切除後はいかに再発を防ぐが問題となります。

    あなたに読んでほしいコンテンツ  
このページの上部へ ▲
肝臓がんをあきらめない