肝臓がんをあきらめない

肝臓がんをあきらめない

肝臓がんを治したい・改善したい人のための情報サイト

肝臓がんをあきらめない【ステージ別】肝臓がんの症状ステージ4

ステージ4

肝臓がんの末期といわれる、ステージ4における症状や治療法、余命のことなどをまとめました。

【肝臓がん】ステージ4の症状や治療法

肝臓がんの末期と言われるステージ4。治療の難しい肝臓がんにおいてもかなり進行度合いが高く、非常に生存が難しいと考えられます。

ステージ4の定義

肝臓がんのステージ4については、がんの進行度合いを示すT因子、リンパ節転移の有無を示すN因子、遠隔転移の有無を示すM因子によって定義されます。以下の条件のうち、ひとつでも当てはまればステージ4とされます。

  • T因子が、1つもあてはまらない。(腫瘍個数が単発、腫瘍径が2cm以下、脈管侵襲がない)
  • N因子は、あてはまる。(リンパ節への転移がない)
  • M因子は、あてはまる。(遠隔転移がない)

N因子についてはステージ3の条件にもなりますので、肝機能の状態などの状態をみて診断されます。

ステージ4の生存率

はっきりとステージ4の余命を定めることはできないのですが、それに近いものとして5年生存率が使われます。

肝臓がんのステージ4では、5年生存率はわずか9.4%と言われています。治療はかなり難しい状態で、抗がん剤もほとんど効果がありません。肝臓がんにはほとんど症状がなく、抗がん剤の副作用には苦痛も伴うので、抗がん治療は行わないこともあります。

なお、この段階では腹水黄疸、みぞおちのしこり、背中や腰の痛み、体重減少、貧血といった症状が現れます。遠隔転移がある場合は、吐血、胸水、呼吸困難などの苦痛が伴い、意識障害や抑うつ、昏睡といった神経障害もみられます。

ステージ4の治療法

ステージ4の場合、遠隔転移の有無によって治療法が選択されます。遠隔転移がなければ、がん細胞への栄養を遮断する肝動脈塞栓術を用います。肝動脈にゼラチンスポンジを詰め、がん細胞の生存に必要な栄養が届かないようにします。

遠隔転移がある場合は、全身化学療法が用いられます。抗がん剤は肝臓がんにはほとんど効果がないとされています。また、骨転移の疼痛の緩和や、脳転移の治療のために放射線治療を行うことがあります。

    あなたに読んでほしいコンテンツ  
このページの上部へ ▲
肝臓がんをあきらめない