肝臓がんをあきらめない

肝臓がんをあきらめない

肝臓がんを治したい・改善したい人のための情報サイト

肝臓がんをあきらめない肝臓がんの種類転移性肝癌

転移性肝癌

胃や大腸など、ほかの臓器から転移して発生する、転移性肝癌についてまとめています。

転移性肝癌

肝臓以外の場所から、癌細胞が血流にのって転移してきたものが転移性肝癌と呼ばれるものです。肝臓で発生する肝臓癌とは異なる性質のもので、治療法や症状も異なります。

原因

転移元の癌の原因は、それぞれの臓器によります。その癌が肝臓に移ってくるのは、免疫機能の低下や、腫瘍の悪性度が増すことだと言われています。

肝臓には、ほぼすべての癌が転移する可能性があると言われています。特に多いのは大腸や胃、膵臓などの消化器系癌、乳癌、肺癌、頭頸部の癌、婦人科癌、腎癌など。

肝臓へ癌が転移してくるということは、転移元の癌がかなり進行しているということでもあります。そのため、転移性肝癌を発症した時点で、余命はかなり限られていると考えられます。

癌の転移はなぜ起こる?

最初にできた癌が大きくなると、周囲の血管やリンパ管にも癌細胞が浸潤していきます。それが血流やリンパ液に乗って全身へ運ばれていくことで、癌は転移を起こします。

肝臓は全身から血液が流れてくるため、転移を起こしやすい臓器だと言えます。

症状

転移性肝癌の代表的な症状は、腹部の膨満感や腹痛といった自覚症状があります。ただし、定期的に診察を受けている場合は、血液検査による腫瘍マーカーや、肝機能検査値などで異常が見つかることが多いようです。

また、定期検査などを受けていれば、超音波検査やCTスキャンなどで、肝臓内の癌結節が見つかるようです。

検査、診断の方法は?

腫瘍マーカー画像診断が主な検査・診断の方法です。

腫瘍マーカーによって、転移元の癌がどのようなものか調べることができます。実際に腫瘍があるか、また肝臓内にどれくらい広がっているかは超音波検査やCT、MRIといった画像診断を用います。

肝臓以外にも転移している可能性があるため、骨シンチグラムや腫瘍シンチグラム、PET検査という手法を使うこともあります。

このページの上部へ ▲
肝臓がんをあきらめない